お時間あらば、しばし立ち止まっていただければこれ幸い。足跡なぞも残していただければ極上のヨロコビでッス。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD色んな女がいるもんだ。

淫乱で残虐で強欲な69人の美人さんたちの濃ゆ~いエピソードをほんの数ページに凝縮して紹介しまくった桐生操の『世界悪女大全』(とは言っても、日本人さんのエピソードはないですが。ヨーロッパ中心デス)

こういうの子供の頃から好きで読んでたんで、ほとんど「知ってる~」話しばっかりでしたが、書き手が違うと見方も取り上げ方もちょっと違うんで、そこそこ新たな発見もありました。ちょろりちょろりと無理なくどこからでも読めるのも良かったかな。

でも文体はあんまし好きでないけど。

そうそう、本書の中で「へぇ~」と思ったのは、故ダイアナさんが王室に嫁ぐために使ったアノ手コノ手の奮闘ぶりが紹介されてたとこ。ガンバリましたよ、ダイアナさん(笑)。でも最期はねぇ。。幸せだったんですかね。

ワタクシ的には、真夏に男性諸氏にご一読いただきたい一冊っ。
ホント、下手な怪談話しより、リアルな女の方がよっぽどこわ~いんですから(笑)
スポンサーサイト
DVD花になぞらえ鋭い観察眼でオンナの内をエグる大田垣晴子さんの『花のような女(ヒト)』は、相変わらずのかわゆく親しみやすい絵柄を裏切り、なかなかにエグくてございます。

でもドロ~っとしてないのは、絵柄のかわゆさとオンナのイタイところを鋭くブスッと貫くぐらいの切れ味抜群の考察力にあるような気が。それとオトコたちの「ちょっとーー!そこに騙されてんじゃないわよーー」と自分の実生活でもココロの雄たけびはいるような゛身近な゛キャラがユーモアに描かれているからでしょうか。

男女の間で繰り広げられる駆け引き。オンナ側の舞台裏がのぞけるこの一冊は、ぜひぜひ男性諸氏におすすめしとうございます。

うつくしく華やかに、ときに守ってあげたくなるような花たち。実はね、しーっかり根がはってて逞しーいのですよ。

えぇ、そんじょそこらの男性よりも。

この本は、一見すると色鮮やかな、ユーモア溢れるイラスト・エッセイだと思われがちだ。でも、じっくり読んでいくと、辛辣な女性観察が随所にちりばめられていることがわかってくる。。(中略)大田垣さんが、この本で繰り返し強調しているのは、男女関係におけるオンナの駆け引きについてだ。(中略)じっくり読んでいくと、その観察の深さ、考察の切れ味に圧倒されてしまう。(解説より)裏表紙より
DVD驚くばかりの心理分析と鋭い人間観察が、人間のあらゆる心の動き、あらゆる行為―愛・友情・勇気―の奥底にひそむ真理―自己愛―をひとつ残さず的確に暴き出す。フローベール、ニーチェ、ショーペンハウエル、トルストイ、芥川龍之介らの「枕頭の書」としても知られる。究極のアフォリズム集-ラ・ロシュフコー箴言集『運と気まぐれに支配される人たち』吉川浩訳 裏表紙より

鋭い!深い!痛い!を連発しながら、すっかり私の枕頭の書となっております。

ロシュフコーさんたら自分と他人、世間の良いも悪いも汚いも目を逸らさず見つめ考え、タマシイの悶絶を体験しながらこの一冊を書き上げたのではないでしょうか。

自分と対峙できるということだけでも一種の才能であるのではないか。と考える私には、そこを突き抜け作品として遺したってとこがまたまたスゴイ。

ロシュさんは、フランス大貴族の嫡男として生まれルイ13世&14世の世に生き、女性関係や戦で銃弾にまみれ、宮廷の陰謀に巻き込まれるわ、かの有名なバスティーユに投獄されるわと波乱万丈を地で生きた方でございます。

そんな経験から絞り出された箴言は、短いものでわずか数語、長くてもたったの数行。

最小の分量で最大級の評価を得、いまだ文学史上にて異彩を放ち続けとります。

そうそう、晩年にはあのラ・ファイエット夫人の『クレーヴの奥方』の出版に尽力もしたのだとか。

読み手を唸らせるフランス男の箴言集、読み得です。
DVD韓国人も在日ももういい加減にしろ!

『反日韓国人撃退マニュアル』の帯に書かれてるのが、このお言葉でございます。


反日英才教育やってる韓国人たちに、反日妄言や言いがかりをかまされたことある方いらっしゃるんじゃないでしょうか。

私の友達は、語学学校でやられました。
私は、旅行の際に宿で食事をとるときに先に食事をしていた韓国人5、6人が私を見て、まだ食事の途中だというのに一斉に席を立たれたことがあります。

とりあえずもし何か言われたら、そこそこ言い返せる自信はありましたが、このあからさまな態度にもっと確固とした理論武装の必要性をヒシヒシと感じたのでありました。

そしてこの日本人に必読にして必殺の一冊がやっとこさ手元に。

日本人の皆様、もう知らないじゃ済まされないぐらいコヤツラに寄生されとりますよ。
そんでもって、今度は在日の皆様ったら日本の選挙権も欲しいとな。

反日教育バリバリされてる人間なんですけど。

ちなみに、警察庁発表の犯罪者の上位は中国人、韓国人が占めてるんですよね。。

いやはや本当にもういい加減にしてくださいって感じです。てか、どーぞ祖国へお帰りアソバシテ。

なんのことかワカラナイ。実は私もオカシイと思ってタ。そんな方はもちろん、日本人なら絶対に必読の一冊、ココニアリでございます。読むべし!!
DVDサクッと軽く読めて知識も得られる一粒で何粒もおいしかった逢坂剛『あでやかな落日』

木曜ゴールデンドラマ的かほり漂う一冊。と言えば分かり易いでしょか。

装丁的にも自分だったら絶対に手に取らないタイプのものですが、まわってきたのでありがたく拝読。

いやはや、面白かったですよ。

音楽ネタに業界ネタ満載に加え、日本にいたときはフラフラもしたしバイトもした。そういえばアテネフランセにも通ったなぁ。な神保町御茶ノ水界隈が舞台なのですよ。

個人的オモイデが詰った場所が出てくる出てくるで、ちと涙。

場所はよく知ってるけど入ったことないお食事処ネタも満載で、日本語書籍に加え、日本食にも飢え気味の私には「今度帰ったら行かねば行かねば行かねば」とオイシイネタが登場するたびに呪文のように唱え続けてしまいました。

700ページ超えの大容量ですが、そんなわけで飽きさせません。オススメ

でもって、これも旅立っていただきます。はい、いってらっしゃい。
DVD20代のころ、装丁とタイトルに惹かれ思わず手に取ってしったミック・ジャクソンの『穴掘り公爵』

19世紀に実在した奇行の公爵をモデルに描いた作品は、ひっくり返るほどの衝撃はなかったですが、未だに忘れられないシーンがいくつかございます。

ゆっくりと日々狂って行く公爵は、私的には憎めないなんとなく愛らしいキャラ。穴を掘るも穴空けちゃうも、そんな心情をなんとなく理解してしまった私も少し狂っているのかも。と当時ちょっと自身を心配したものでした。

日記形式で書かれているので、なんとなぁく当たり前な日常に感じてしまうも、周囲の人からしたらオッタマゲタことばっかしてくれる公爵さんだったに違いありません(お世話をする人たちは大変だったと思いますが、第三者として見る分にはそれはそれで楽しそうです)

こんな公爵さんが住まわれてたお城は、イングランドのノッティンガムシャーってとこにあるそうです。

余談ですが、この新潮社のクレストシリーズ本のデザイン、紙の素材や触り心地も良かったりで好きなんですよね。
DVD世の中には、たとえ無名であっても、どこかにこのような人たちがいるのだと思うと、無邪気にはしゃぐわけにはいかなかった。私が自分の知っている領域意外のことを書いたり話したりすることがほとんどなかったのは、常に父の眼を意識していたからだ。父の眼、というより、父たちの眼、とでもいうべきものを意識しつづけてきた。彼らの眼が、私に「知ったかぶり」の偉そうな口をきくのをためらわせた-沢木耕太郎『無名』p218より

無名ではあるが、確かな人生を生きてきた人というのは、ちょっと前までは周りを見渡せばたくさんいたような気がいたします。それは金があるとか無いとか成功してるとかしてないとかという価値観ではなく、人として゛確か゛であると思える人たち。

そんな人たちが周りにいるから、引用したようなことを意識していた人たちも多かったんではないでしょか。

そんな゛確かな゛父親を持った沢木耕太郎が父親の死に際してのことを記した『無名』では、静謐さ感じる筆致で父親との関係や想いを淡々と描いています。

子どもと友だち関係築きたがるようなナマヌルイ親子関係ではなく、親と子、人間と人間、絆ある家族の姿を感じ、なんかここんとこ冷たい空気がピンと張り詰めてる秋晴れの中で読んだ本書が適度に爽やかにココロに響きました。

そうそう、非常識な人間を見ると、「親の顔が見てみたい」という侮蔑の言葉をよく聞きますが、本書に出てくる親御さんは(お母上もなんか潔くてないす)、羨望を持って゛見てみたい゛です。
DVD緑深い森の中にある静かな湖面にぽつりぽつりと雫が落ちて、その波紋が同心円状に広がってゆくような。。そんなイメージ湧いた静かで孤独な日常にフイとおこる強烈なエピソードが淡々と書かれている小川洋子の『偶然の祝福 』

日常に潜む非日常を、日常というまな板にのせ料理して、感覚というスパイス効かせるせのが上手いんだよなぁ。なんかちょっとまどろっこしいですが、そう思うんですよねぇ。

この短編集、すべてでひとつなんですが、時系列が微妙に前後しとります。その゛微妙゛さもなんかセンスよし。

雨の日に、ゴロリと横になって読むのがオススメでございます。

ということで、これもブッククロッシングで旅立たせます
さて、今度はどこに忘れてこよう。
DVD語学国境の町、スイスのフライブルグへ。

実は前回この町を訪れたときに、マリオネット博物館へ立ち寄った際に併設されてるオサレな喫茶店を覗いたら、本交換本棚発見。

その中には、ブッククロッシングの本も。

シマッタ。本持ってくれば良かった。とちと後悔。また来るときは本持ってこよ~。と鼻息荒く本を携え再訪するも、月曜は休み~。というこって念願果たせずでございました。

写真は、前回訪れたときのもの。

うむむ、次回行くことあれば今度こそ置いてきますゾ、日本語書籍!

DVD撮影時は、ちと時間なくてお茶ができなかったのも心残り。店の奥には、マリオネットやアップライトピアノもあったりと、雰囲気良いんでございますよ。メニューは壁が黒板になっててそこに書いてあります。なんか良いんですよね、ココ。

ちなみに博物館は所要時間約15分。狭い空間にギッシリ人形詰ってマス。






フィレンツェで書籍交換してくれる方とブッククロッシングポイントがあるレストラン兼茶店で待ち合わせ。

本を見てもらって、すでに読了済みだという本は店内奥にある書棚に置いてきました。

よかったら、お近く&旅行中な方、数冊日本語書籍を置いてきましたんでドーゾです。


フィレンツェって図書館もひとつじゃなくて大きいのから小さいのまでいくつかあるんですのね。立ち寄った大聖堂近くの図書館には感じイイ回廊にさわさわと木々がさえずちゃってるよ。な環境の中、ワイファイで持ち込みパソコンでネットを楽しむ人、勉強する人えとせとら。カフェなぞもあって穴場でした。大聖堂の近くなのに、嘘のように静かです。エガッタ。

今度は図書館めぐりもせねば!

と図書館好きゴコロに火がつきましたですね(笑)

そして小さくて個性的な本屋さんも点在してるんですよね。町をプラプラついでに、フィレンツェのレズシーンをリードするっていう本屋さんにも行ってみました(残念ながら閉まってましたけどね)。他にも、店内にピアノがある古楽譜屋とか(ピアノ弾いてたし)。仏像が鎮座してるなんて本屋もありましたよ(笑)

なんかイイゾ、フィレンツェ

夜に在住友に連れてってもらった洒落たチョコ喫茶店(?)には、ブッククロッシングではないですが、本の交換ポイントもありました。

フィレンツェは読書率高いのだろうか?

もちっと要探検なフィレンツェでございました。

結構ぷらぷらとイタリアのみならずヨーロッパをふらついとりますんで、日本語書籍交換していただける方、よかったらご一報くださりまし。あっ、イカス(死語)図書館&本屋情報なぞもううぇるかむでございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。