最小の分量で最大級の評価-『ラ・ロシュフコー箴言集』

ここでは、「最小の分量で最大級の評価-『ラ・ロシュフコー箴言集』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD驚くばかりの心理分析と鋭い人間観察が、人間のあらゆる心の動き、あらゆる行為―愛・友情・勇気―の奥底にひそむ真理―自己愛―をひとつ残さず的確に暴き出す。フローベール、ニーチェ、ショーペンハウエル、トルストイ、芥川龍之介らの「枕頭の書」としても知られる。究極のアフォリズム集-ラ・ロシュフコー箴言集『運と気まぐれに支配される人たち』吉川浩訳 裏表紙より

鋭い!深い!痛い!を連発しながら、すっかり私の枕頭の書となっております。

ロシュフコーさんたら自分と他人、世間の良いも悪いも汚いも目を逸らさず見つめ考え、タマシイの悶絶を体験しながらこの一冊を書き上げたのではないでしょうか。

自分と対峙できるということだけでも一種の才能であるのではないか。と考える私には、そこを突き抜け作品として遺したってとこがまたまたスゴイ。

ロシュさんは、フランス大貴族の嫡男として生まれルイ13世&14世の世に生き、女性関係や戦で銃弾にまみれ、宮廷の陰謀に巻き込まれるわ、かの有名なバスティーユに投獄されるわと波乱万丈を地で生きた方でございます。

そんな経験から絞り出された箴言は、短いものでわずか数語、長くてもたったの数行。

最小の分量で最大級の評価を得、いまだ文学史上にて異彩を放ち続けとります。

そうそう、晩年にはあのラ・ファイエット夫人の『クレーヴの奥方』の出版に尽力もしたのだとか。

読み手を唸らせるフランス男の箴言集、読み得です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なつかしい!
学生のころ、郵便で送ってくれた友達がいたんですよ。
「ぼんやりしているあなたに」って感じだったんだろうな。
インパクトのある一冊でしたね。今でもおんなじところでうなるかも。
2009/12/20(日) 19:18 | URL | donau #tUnKcmU.[ 編集]
この本を送ってくれるなんて、スッテキなお友達ですわねっ!

>「ぼんやりしているあなたに」って感じだったんだろうな。

ってな理由じゃないと思いますよ~(笑)

きっとdonauさんならこのインパクトな一冊を堪能してくれる!なーんて思ったのじゃないかしらん。

いやはやそれにしてもシゲキテキな一冊でございますよね♪
2010/01/10(日) 00:38 | URL | zefiro04 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/241-15d0bd2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。