お時間あらば、しばし立ち止まっていただければこれ幸い。足跡なぞも残していただければ極上のヨロコビでッス。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
jesu.jpg
多分、世界で一番読まれてる本って、聖書なんじゃないでしょかね。

ヨーロッパに興味のある人ならば、大抵の分野にはこの聖書を読んどくと読まないとでは理解度も変わってくるんじゃないかしらん。と思えるほどその影響力は大きい書物であります。

残念ながら、私は通読したことはないッス。。

まぁでも音楽やってるんで、それ絡みで大まかなことは知っとります。でもって、ヨーロッパの絵画や映画も好きなもんで、そこここに登場するキリスト絡みのことには一応「フーン」ぐらいには思える知識はあるよなないよな。。あんまり自信はないっすけど、全然知らないわけじゃない。かなぁ。。あ、怪しい。。(汗)。。

一般的には、日本人で聖書を読んでる人ってどれぐらい居るんでしょうね。以前、フリマで本売ってたお兄ちゃんに、「聖書、ないスか?」と聞くと、「聖書はさ、結構売れるんだよね。今日ももう売れちゃってないよ~」なんて言うてたので、「ヘぇ~」と思ったもんでした。

最近では、ダ・ヴィンチ・コードの書籍&映画が日本のみならず、世界中でブームになっているのが記憶に新しいところであります。他にも聖書から想を得て生まれた物語、音楽、美術などなどもゴマンと存在しているのもよく知られるところですね。そうそう、あの北斗の拳も根底には聖書の博愛主義とかの精神が盛り込まれているそうな。

へぇ~

それと、教会音楽なんかをラテン語で歌ったりするのですが、これが良いんスよね。大抵がキリストやマリアさん、聖人を讃えたり、その功績を歌ってるんですが。。いいんですよね。特にその言葉の響きが美しく、それが旋律に乗ると、深く静謐な響き際立たせる感じがします。そういうのを知るたび、大元になる聖書を「やっぱり読まねバ。。」と思い早幾年。。経っちゃいました。。とほほ。。

友達によると、「聖書をラテン語で読むと昇天しちゃうんだってよ~」なそうな。文章で昇天させてくれる本って。。う~ム、スゴイかも。。

聖書とは、宗教云々以外でも文学的、音楽的な芸術要素の大きいものなんじゃないのかしらんね。
[時をこえてベストセラー-聖書]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。