お時間あらば、しばし立ち止まっていただければこれ幸い。足跡なぞも残していただければ極上のヨロコビでッス。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パルチザン『さゆり』を見てみました。

残念なことに、イタリア語で見たので各国さまざま各人さまざまであろう個性的な英語の発音(?)が聞けなかったんですよね。英語のできない私ですが、やっぱり桃井節の英語や、中国俳優さんたちの中国訛りの英語なんか聞いてみたかったですわ。

そうそう、以前にピーコが『ヒマラヤ杉に降る雪』に出ている工藤夕貴について、「も~う、ユウキちゃん良かったわよ~。それに彼女の英語がウツクシイッ!!ネイティヴに負けてないのよ~。マツダセイコなんか目じゃないわっ!!」と言うてたのを覚えていたので、英語で見れなかったのは残念でしたです。。(英語できないんで、日本語字幕要なんですけどね。。)

と、この映画、ドーゾ、ツッコんでください。と言わんばかりのツッコミどころ満載の映画であります。

なもんで、ビデオかDVDで友達などとツッコミながら、そして時には一時停止してコキオロシながら見るのが楽しい鑑賞の仕方だと思います。

外国人の方と見る場合には、絶対にビデオかDVDで見るのがよろしいでしょね。だって、映画館やテレビでやってるのだと一時停止できないし。でもって、ある程度信頼できる花柳界についての本でも読んでから鑑賞するとモアベタ~ではないでしょうか。「これ、オカシイよ」とか、「これ、笑える」とかとかを説明できるとそこから盛り上がって、二次的娯楽も生まれようってもんです。

そんなツッコミどころはさて置いたら、まぁそこそこ楽しめるんじゃないでしょうか。外国人には、ナンチャッテニッポンではあっても彼らの求める日本のイメージが満載ではあるようなので、娯楽作品としては「ヨイヨイ」って感じみたいです。

桃井かおりのドカーンとした置屋のオカンぶりや、後半の工藤夕貴のハスッパな芸者っぷりに、ポップな着物コーディネイトなんかは良い感じでありました。チャン・ツィイーのやっぱり中国人ですなぁ、な演技もソンナモンとして見れば良いんではないでしょか。゛日本人゛を求めるとキツイですが。。コン・リーの芸者じゃないナニモノカってのも、あの押し出しの強さがあれば、あれはあれでありました。゛日本人゛を求めるのは酷かもしれませんね。。

この映画、逆に見れば、「外から見た日本の文化」が覗ける一本でもあります。折角、日本を題材にした映画なんで、日本人としてはもうちょっと゛正しい゛日本を。とも思いますが、「へぇ~、こういう風に思っちゃってるのね」なんて、外から見られた日本を知ることもできますね。

なんだか占いに行ったときに、「アナタはこうこうこういうところがあって、こういう人だから云々。。」とか言われて、「アタシってこんな面もあるのかしらん?」とか、「えぇっ、そんな風に思われちゃってるのぉ?」とか言われて一喜一憂してるのに似た感じもする映画でありました。もちろん、大抵の占いさんは、「?」だったりもするんですが。。まぁでも楽しいですよね。娯楽としては。この映画は、そんな感覚に似ている気もしましたです。

良かったらドウゾ。そして゛楽しみ゛ながら鑑賞いたしませう♪
スポンサーサイト
goyokiba.jpgなぜか勝新太郎が見たくなって、『御用牙シリーズ』第一作目を見てしまいました。

勝新太郎扮するカミソリ半蔵は、江戸の北町奉行所の下っ端同心。優秀ですが、やりたい放題。彼の捜査スタイルも破天荒です。何が凄いって、普通だったら絶対訴えられてるヨッ!!というよなセクシャルハラスメント(ゴーカンか?)で女関係者たちから情報を得。。って、江戸ちょいポルノ捜査網。って出来でありました。

こんなゴーカンまがいな事をしてもOKなのは、映画の最初の方に出てくるダンセイ器強化訓練の賜物なのかもしれません。そして、武術の訓練も他の武士モノとは違います。さすが勝新です。

なんと言うのか分かりませんが、ヘビメタ兄ちゃんたちがよくつけている、手の甲に鉄状のトンガッタのがついているもので拳パンチを喰らわす時に破壊力が増すシロモノを使い(なんていうの、これ?)、自宅の庭に立っている石仏像をパンチしながら倒していったりしてました(いやはや、バチ当り(笑))。倒した石像を部下の蟹江敬三、草野大吾らの曲者俳優たちがケナゲに元の場所に戻しているシーンもちょい笑えます。

そういえば、朝丘雪路が小判の女体盛りなんかもしてました。体当たり演技ですなぁ。

で、結局スッキリ事件解決とかいう感じではないのですが、勝新の存在感と「なんじゃソレ?」感に圧倒されて、「まぁ、いいか。。」と妙な爽快感を残してくれた一本でありました。

軽い気持ちで見ませう。笑えます。良かったら、ドゾ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。