お時間あらば、しばし立ち止まっていただければこれ幸い。足跡なぞも残していただければ極上のヨロコビでッス。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD詩ですよ、詩。これは

分かりやすくなーイ。ってことで好きになれない人もいるかもですが、これはハッキリ分からなくてもイイと思うのです。感じれバ。

白黒映画って、なんとなく見始めるまでが腰重いんですが、これは見始めたら止まらなかったです。

ノメリコミ

白黒だからこそな価値がございました。

゛生と死゛が自然の中で際立っとりました。自然の中に魂が吸い込まれて行く感じというか゛無゛になるというか。。ラストシーンが秀逸。静かだけど、巧みな強弱がついていて、飽きさせない上質の一本。人にとっての大事なコト。が語られていた気が、いたしましたデス。

※ジョニー・デップ演じる、W.ブレイクってもしかして、あのブレイク? がモデル?? ちょっと気になりました。
スポンサーサイト
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVD猫とハチマキと富士山に惹かれ、手に取っちまいました。女性の絵がちょっと中国なカホリがする気もしますが、昨今のナンチャッテ日本デザインからすれば、イイ線行ってるのではないでしょうか。

●表紙さわり心地度 
つるつる

●めくり心地度 
フツー

●中身デザイン度 
普通に読める(←イタリアの書籍って、字つめすぎで読みにくいものもあるので、普通に読めるって結構大切)。挿絵とかはナシ

●買いたくなった度 
表紙には惹かれたけど。。一時、書店でよく見かけたんですが、売れてたのかなぁ。。POPとか置いてあればもっと売り上げ上がったのではないか。と思うんですが。。これだけじゃ、パンチ弱くありませんか?

どうやら、偉大なる女ったらしの物語の2作目らしいデス。表紙が日本入ってるってことは、舞台は日本なのかしらん。。そうなら、ちょっと読みたいカナ。
DVDひたすら自殺をし続ける、かわゆいウサギの努力が詰まった(?)絵本

これ、相方が大好きなのです。

けなげにひたすらに、あらゆる方法っていうか、想像力ありすぎー。な方法でウサギちゃんが自殺を試み続ける姿に、相方、大爆笑。。

不謹慎?!

いえいえ、これは笑ってよいんだと思いマス。あまりの゛ガンバリッぷり゛に大いに笑って、「フツーに生きてた方が楽なんじゃない?」と思わずツッコミ入る、逆説的絵本なのだと思うので。

どんなイタソーな自殺にも、かわゆい表情そのままなとこがなんともブラックなオトナ印の絵本です。
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVDだいたい贅沢というのは高価なものを持っていることではなくて、贅沢な精神を持っていることである容れものの着物や車より、中身の人間が贅沢でなくては駄目である。

えぇ、分かっております。でも、私が言うと負け惜しみに聞こえてしますんですよね。。(泣)

こんなことをサラッと書けて、読み手に「そうそう、その通り!」と頷かせてしまうのは、森鴎外の愛娘・森茉莉の言葉だからでしょうか。さすが鴎外の娘というだけあっての鋭い眼力と、物怖じしない物言い。゛美゛に対する世界観は、コレゾ、オジョー!! 

世の中にあふれるニセモノを見抜き、美ってものは。と本質ズバリついてる文章は爽快デス。そして、三島由紀夫センセの服の趣味の悪さについても同感デス(笑)←これって、本人カッコヨイつもりですよね、多分。でもスゲー笑えると思うんですが。。

たまに読み返したくなるこのエッセイ、痛快で爽快デス。笑ってスッキリします。多分、時代は変われど゛本物゛というのは変わらないんでしょうね。だからいつ読んでも゛新鮮゛である気がいたします。

ニセモノあふれるこの時代に、ぜひ一読をオススメしたいデス。
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVD立ち読みしてて面白かったんで、衝動買いしてしまった辞典でございマス。

英語、全然勉強しないのに。。

でもって、イタリアにまで持ってきてしまいました。

面白いから

私ったら、英語も全然できないし、勉強もしないんですが、たまーに捲ってみてます。

I always become nervous before I talk in front of a large number of people.(私は大勢の前で話す前はいつもそわそわするんです

例えばこういう時って、ナーバス使えばいいんだなぁ。とか、゛そわそわ゛するのはどんな状態か→ナーバスな状態→ナーバスになる。そっかぁ、そういう風に考えて表現してけば通じるのね。とかとか、外国語へのアプローチの仕方といいうかが少ーし分かるような気がするんです。

英語ダメですが、こういう考え方にフーンと唸る例文満載なんで、意外にイタ語にも役立ってマス。著者はNHKラジオのビジネス英語で講師をされてる杉田 敏センセ。ツボにくる例文は流石です。
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVD久々に、コルシカの民族音楽を聴いてみてマス

これ、涼しいのよ

アカペラ合唱で歌われ、声は力強く、旋律からはコルシカくささがプンプン漂ってマス。

いい感じ

民族音楽は、当たり前ですが土着性が強いからその土地の雰囲気が想像しやすくて、たまに聴くと面白いですね。土地の人たちに馴染みある旋律なので、芸術音楽のよな劇的さには欠けるかもですが、なんとなく懐かしくなったり、身近に感じたりする聞き手も多い気がします。

聴くと、頭に景色や情景が浮かぶ感じは、少し俳句に似てる気もするなぁ。

コルシカは、イタリア近くのフランス領。ナポレオンの出身地としても有名ですな。ナポレオンもこのCDの旋律を、聴いたり、歌ったりしてたんですかね。。
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVDキャンプするときのマニュアル本ですね。
本に緑色ファスナー付きビニール素材のブックカバーがかけてあって平積みにされてました。透明のビニールカバーが他の平積み本と一線を画して目だっとりました。

●表紙さわり心地度 
<ビニールなんで、触り心地はねぇ。。でもキャンプのマニュアル本ということを考えれば、グッドアイデア>

●めくり心地度 
<キャンプしてるときに見やすい。ってことを考えてるみたいなので、しない私にはイマイチ>

●中身デザイン度 
<力の抜けたイラストと見やすいレイアウトは好感度高しっ。でも濃さの違いはあれど緑ばっかってのが。。気持ちは分かるが、もちょっと色あると楽しいなぁ>

●買いたくなった度 
<純粋に欲しくなった。でもキャンプしない、んスよね。。>
相変わらず、イタ語はさっぱりなんですが、本屋や図書館好きなところは相変わらずで、前を通るとなぜかフラフラ~と吸い寄せられてしまうんですよねぇ。で゛読む゛って頭ナシで表紙に惹かれるままに手にとりペラペラ~と捲っては゛見て゛楽しんだりしとるわけです。

イタリアの本屋や本の装丁って、見てると中々工夫されてて面白くてですね、厭きないんですわ。それは本の並べ方だったり、見せ方だったりと色々。装丁も゛へぇ~゛なんて言葉が出てしまうよな、もうそれだけで買ってしまいたくなるよなのに出会えることもしばしば。

といっても、読むのに時間かかるしねぇ。買ってばかりもいられないしねぇ。。

なんてことで、もしかしたらいつの日か買うかもしれぬ時のためのメモみたいなもんで、勝手に5段階評価つけてみてマス。そのうち、本屋のこーいうとこがイイ感じ。とかそんなんも書けたら楽しいかもなぁ。とひとり妄想入ってますが、かなり気まぐれイーカゲンです(笑)
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVD『The Nature of Monsters』をやっと読了。といっても原語の英語では無理なので、イタリア語版にて読了デス。

昨年の冬にタイトルと装丁、半額セ~ルに惹かれ購入するも、ダラダラと読んだり読まなかったりで半年以上かかっちゃいました。

途中、「なんだよぉ、スジ読めちゃったし」と半ば義務で読み進めるも、「あれっ??あれあれあれれ~。そー来ますかっ!」な展開が三分の二ぐらいで訪れマス。いやもぅ、展開がゆるやかなのですよ。情緒的な描写が多いんだな。でも700年代ロンドンの空気は十分堪能できますデス。

三分の二ぐらいまでは、「あーぁ、買うんじゃなかったかも~」とその厚さ(438ページ)にグッタリしましたが、結局ゲゲッな展開&最後が気にいったのでヨカッタかな。

多分、映画にしたら面白そうですよ、コレ。
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVD
ザ・少女漫画!!

中学生、いや高校生か(?)のころにハマってた少女漫画の番外編をひょっこり我が家にて発見。

いやー、懐かしい~

元々は当時の女子高生たちのセキララな青春を綴ったラブコメ学園ストーリー

その番外編では、女の園の大奥へ舞台を移し、やっぱりバタバタの懐かしのラブコメ炸裂でございました。絵がカワイイんですよっ。多分、20年ぐらい前の作品だと思うんですが、今でも古くさくなく面白く読めました。

本編でのちゃっかり現代っ子風味もそのままに、江戸時代を立ち回る様は読後にスッキリ爽快な楽しさが残りマス。

作者の松苗あけみ氏、まだ漫画描いてるのかしらん。。時を経て、どんなラブコメに変化してるのか、読み比べてみたいデス。
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVD龍馬さんの話を祖母にねだった頃の没我性の強かった年齢に立ち戻ったように熱中して新撰組と遊んだ二年間であった。 あとがきより

ことばで遊び、絵で遊び、アートな域の歴史漫画、『新撰組』。あとがきにあるように、作者の熱中ぶりや遊びっぷりが読み手にも伝わってくる楽しさがございました。

この本を読んだとき、何が驚いたって、作者がテレビでおなじみだった゛黒鉄ヒロシ゛氏だったこと。漫画家だってのは知ってましたが、どういう漫画を描くのかは知りませんでした。

びっくり~

テレビで見てたあのなんというか、ノボ~とした雰囲気からは想像できなかった漫画っした。新撰組のキャラたちは底に明るさがあり、血で血を洗う出来事も悲壮感なく゛作品゛としてサラッと読ませてくれマス。

そして最後の章に、その後の新撰組メンバーが電車の中で同窓会(?)ってのがあるんですが。。

いいのよ、コレがっ♪

本屋さんで見つけたら、ココだけでも見てみてくださいまし。イイ、と思うんですよね~
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVDIf the doors of perception were cleansed every thing will appear to man as it is, infinite

知覚の扉が拭い浄められるとき
万物は人の目にありのままに、無限に見える


W,ブレイクの「天国と地獄の結婚」から「忘れがたい幻想」の一説からロック・グループ゛ドアーズ゛は命名されたんだそうな←手元にあるCDの解説書から情報。

ドアーズって、ナンチャッテロックにはない骨太さと知的さを感じるのですがどうでしょうか。バンド名をブレイク作品から取るって゛ナニヨソレ~゛と、高校生の頃にダンテの神曲(煉獄編)をブレイクの銅版版画挿絵で読んだこともあり、シビレまくったナマイキ大学生だったのであります。

それから15年ぐらい経つのですが、未だにたまに聴いてマス。

オルガンの音色とかイイ感じ。詩はテツガク入ってマス。゛Light my fire゛もグーですが、゛The end゛これもヨシ。目眩します。なんか渦に呑み込まれる感じとでもいいましょうか。解説書によると、『かなり難解なシュールな詩だが、後半、父親を殺し、母親と寝るというくだりが出てくる。「マザー、アイ・ウォント・・・」と叫ぶジム・モリソンは、そのあとの言葉を続けないまま深淵の闇に落ちこんで行くのだが、心理学でいうところの「エディプス・コンプレックス」をテーマにした曲と考えられる。

シビレます。いや、マジで
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVDイタリアには、月刊の音楽新聞なるものがありますね。

新聞、つうてもサイズと様式が゛新聞゛って形態てだけで、ちょっとした雑誌並みのボリュームです。100ページ以上に渡り、イタリアを中心とした情報やらが詰まってるんであります。ご当地ならではのレアな情報もあるのがウレシイところ。

旬の音楽家やコンサート情報はもちろん、音楽本の紹介から講習会、コンクール情報に加え、仕事。なんてカテゴリーもアリ。ドドドドッと゛情報゛がギッシリでございます。

難を言えば、ジャズやポップ、クラッシック情報などが一紙に纏まってることでしょうか。

それはそれでイイんですが、ちょっと厚いし、別売りして値段下げて欲しいなぁ。というのがピン読者の本音かな。

『il giornale della musica』は、月刊モノで4ユーロでございます。
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVD美しい。ウツクシー。ではなく゛美しい゛物語。

無駄のないシンプルな文章は、多くを語らずともすべてを語っていて、゛語りすぎる文章゛にはない効果アリ。原著を読んでいないので、いや、読めないので分かりませんが、日本語文が美しい。シンプルなのに、圧倒的な存在感が行間から立ち上ってまいりマス。訳者の実力、でしょうか。

内容は、フランス、ベトナム、不条理、神、生と死、刹那と永遠。。
そして、修道士と修道女の愛と性。。

狂おしいですわ、ほんと。

150ページに満たない物語に、こんなんがすべてギュギュッと詰まってます。

木村祐二氏の装丁も内容をあらわしたシンプルで美しい本なので、ぜひ、文庫ではなく単行本でこの世界を堪能して欲しいデス。
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVD自分の彼氏をその美しさに゛アポロ゛と呼んだり、鏡に口紅で別れを書かれたり。。この現代でそんなこと言ったり行動したりしたら、かな~りな確率でドン引きされそうな気もしますが、そういうことが許され、ウツクシイ思い出として心に残る色っぽかった時代に生きた美輪サマの物語。

もちろんそれだけではなく、裕福な家庭に生まれれるも、ドン底生活も経験し、そして゛戦争゛という地獄も体験した人だからこそ描ける、美しさと醜さ、本当と嘘、本物とニセモノ。。これを読んで、失ったナニカを見つける人もいれば、今必要なナニカを知る人もいるんじゃないでしょか。

三島由紀夫センセも絶賛されたという本書。厚さ抜群ですが、疲れなく面白く読みきれます。
懐かしのニッポン下町バイブルは、東京の下町に住むアメリカ人女性が英語で執筆。ちょっとつげ義春調の挿絵は画家である旦那さん担当。

この本、相方のバイブルでありまして、何か気になる日本モノやコトがあると捲っとります。サイズもボリュームも手ごろで気に入ってるみたいです。私は英語ダメなんですが、ちょっと読むと、簡潔に説明されてて私の英語力でも分かりやすいカナ。挿絵もふんだんに使われているので、厭きませんね。

この著者ご夫妻の生活をテレビで見たことあるんですが、当時の映像では私のアコガレの長屋住まいで、なんとも楽しそうに少し不便だけど暖かく人情味あふれる古き良き日本の生活を満喫されていた様子が印象に残っています。

私も日本に帰る日が来たら、こんな生活したいですねー

著者の桐谷エリザベスさんは、日本語でも何冊か本を出されてます。ちょっとトカイの孤独がつらくなったら&フウと一息つきたいときに読むといいかもしれません。

エリザベスさんのインタビュー記事を見つけました。面白かったので、こちらもオススメ
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVD少しツッコんで、でも難しくなく゛仏像のこころ゛に触れられる一冊

仏像間の上下関係や変遷、もちろんカタチについても触れているので、分かり易く理解でマッス。

著者の梅原猛氏の語り口は簡潔で、意見もよく吟味されており、仏像を通して難しい教理を易しく説明してくれていて、すんなりおもしろく読み進めることができました。

知識の確認のためにももう少し時間を置いて読み返したい一冊。欲を言えば、ふんだんに使われている写真がカラーだったら良かったかしらん。

+最近は、この本に触発され、もう少し知りたい。でもラクにっ(笑)
ということで、約一分間の仏像ラジオ(ポッドキャストっていうのかしらん??)をたまに聴いたりしてマス。おもしろい、っすよ♪
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVD私の耳は貝の殻
海の響きをなつかしむ


アソビの中に類稀なセンスとえろを感じるジャン・コクトーの詩に出会ってコーフンしたのは高校生の頃。

フとした拍子にコクトーの詩が読みたくなるのは、出逢いから20年ほど経つ今も変わらず。ほんとにフッと読みたくなるのデス。

そして彼の詩との出逢いから、原文を読みたくてフランス語に挑戦しては、敗れ去り。。を繰り返すことも約20年。。(涙)

月日の経つのはなんて早いんダ。と今日もタメイキひとつつきながら、ページをくるも変わらないんですよね、おもしろさは。これが才能、ってやつなんでしょうか。。

コクトーの才能の一部が見られるサイトもありますが、フランス語、なんだなぁ。。

また挑戦しますか、フランス語

挫折の予感たっぷりではありますが。。(笑)
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVD南米ペルーの森林で、古代文書が発見された。
そこには、人類永遠の神秘、魂の意味に触れた深遠な九つの知恵が記されているという。私は、なにかに導かれるように、ペルー行きの飛行機に飛び乗った。偶然とは思えないさまざまな出逢いのなかで一つずつ見いだされる九つの知恵とは?
』-カバーより

ベストセラーとして話題になったとき、手に取って中をパラパラと捲ってはみたけれど、そのときはスルー。でもひょんなきっかけから、数年を経て自分の手元にこの本がやってきて、読み始めたら、止まりませんでした。

読後の感想は、「本が読ませる時期を選んだんだな」

マユツバなとこもアリアリですが、読む゛準備゛が整った人には得るところの多い本。

読み始めて、ツマラナイな。とか、ナニソレーとかつっこみ入りまくったら、一旦おいとくのがもあべたー。きっといつか読まなきゃならない時期がやってくると思いマス。それまで待ちませう。゛知恵゛を得るには、段階があるみたいなので。

※ペルーで写本が発見されたのは実話なそうな。友達にススメたら、言ってました。内容は、公開されてるのかしらん。。気になりマス
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVDことばってこんなにおもしろかったんですネー。へぇーー

と、帯の「話ことば」の不思議とおもしろさを解明した名著!by金田一春彦センセ

の推薦文のお言葉にたがわず、いやはや面白い言語学の御本でございました。言語学のPR版とあるだけに、こんな私にも楽しく軽~く読めました。

私ごときにも楽しく軽~く読めるとあって、正しい敬語とか、正しい書き方とかとかな堅苦っしいことは一切ナシ。音声を中心としたお話しデス。

コロッ  転がりかけ。
コロン  弾んで転がる。
コロリ  転がって止まる。
コロコロ 連続して転がる。
コロンコロン  弾みを持って勢いよく転がる。
コロリコロリ  転がっては止まり、止まっては転がる。
コロリンコ   一旦は転がったが、最後に止まって二度と動きそうもない様子。

そういや、そうだ(笑)

前髪が印象的な城生伯太郎センセは語り口も軽くコムズカシイことや゛オッ゛てなことをいとも簡単に説明しちゃってくれてマス。

そんな伯太郎センセ話し下手な日本人について語っている記事発見。話し下手を克服する方法もアリ。こちらも゛へぇ~~゛でございました。

いやはや、言語学って、おもしろいんですね。
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVD声楽には、゛ヴォカリーズ゛ってなくくりがありますね。

その名がしめす通り、歌詞ナシ。母音で歌ってゆくのであります。

歌詞ないから、ラクじゃん

ってなことはナイです。母音で歌ってゆくのって結構音程によっては難しかったりするんで、歌詞ないよりヘタが目立つと思いマス。もちウマイと上手さも際立ちマス。でも暗譜のとき、歌詞覚えなくていいのは、楽ですかね、やっぱ。

数あるヴォカリーズの中でも特に有名なのはコレじゃないでしょか。勝手に゛特に有名゛としたのは、CMとかテレビで何度か耳にしたことがあるから。ってな根拠デス(笑)

このラフマニノフのヴォカリーズは、哀愁とそこはかとないイロケが混在した曲です。秋口あたりのちょっと木枯らしがピュ~と吹いて「なんかサミシイな」なんてときに聞くといいかも。とか暑いんで、頭の中では、暑さから逃避行してしまってマス(笑)

歌詞がないぶん、想像力を逞しくしてくれるヴォカリーズ、聞くともなしに何か聴きたいときにいいかもしれません。

ラフマニノフのヴォカリーズはここから聴けマス。えっ、なに? これなら私も歌えソ~? そんな方のためには、楽譜もございます。がんばっておくんなまし(笑)
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVDかわいくて、奇妙で、メーワク

こんな客にいすわられたらたまったモンじゃないけれど、この憎めなさに全てを許してしまいソです。

受け入れた家族がどんなにイヂワル(?)されても許してしまう気持ち。。ゴーリーの画力の前に頷くことしきり。いや、マジ、かわいスギ

でも、17年間も居座るなんて、居すぎデス(笑)

この本、買ったのは3年前。即買いでした。本棚にはしまわないで、表紙が見えるように置き、気が向いたらパラッとときどき捲ってます。

フと思ったんですが、この話しって゛深い゛ですよね。

邦訳版も買わなけりゃ。と帰国時の買い物リストにチェックです。

イタ語題は『L' Ospite Equivoco』
原題は『The Doubtful Guest 』
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVDオシイっ!!

途中までは面白かったのに、後半が。。
最終回にいたっては、ヒドイっ!!!の一言。

GTOの藤沢とおる氏の原作『TOKKO特公』のアニメを観賞。なんかちょっとネタ元が想像できてはしまいますが、面白いです。悪魔やらイタリアの伝説やら錬金術師やらやら。怪物わらわら。

結構、ツボ

だったのにも関わらず、シリキレトンボ。。(汗)

どうやら原作もシリキレトンボで止まってるらしいです(求む情報)

アニメはキャラのデザインが粗くてちょっとイラリとしましたが、内容がツボだったのでOK。でも本当にそりゃナイヨな終わり方。

原作者、ネタ切れだったのでしょうか。って、続けられない内容じゃないと思うのですが。。

アニメはAnimeTVから見れます。このサイト、イタリアのアニメマニアが運営してるので、日本語音声でイタリア語字幕です。ちなみに、サイトにあるアニメがイタリアで本格的に売り出されると、法律に引っかからないよう即消去されるので、イタ語のお勉強がてら見てみたい。と思う方はお早めに~
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVD夏の暑い日に見たいオペラ、『霊媒』

内容はもちろん、電波系。
さわやか~に涼がとれるオペラです(多分)。

゛あなたの知らない世界゛を音楽で表現したのは、写真の人゛Gian Carlo Menotti

日本ではほぼ無名ですが、アメリカではかなり高名な作曲家とのこと。彼、実はイタリア人でありまして、アメリカへ移民したのち大成功を収め、のちにイタリアのスポレート音楽祭を創設したことでも有名ですね。

※今月のスポレート音楽際では、メノッティの作品も上映されるそうです。興味ある方はドゾ

彼の音楽は、私もまだあまり知りませんが、この゛霊媒゛を聞くと、なんとも透明感のある美しさが感じられます。そして難しい。その難しさは、やはり゛見えない相手゛を想定して歌いあげて行くところにあるのかもナ。と感じます。

霊媒の楽譜を見ると、登場人物も少なく、舞台や衣装もシンプルなものでOK。上演時間は約1時間。ちょっとしたところで上演しやすいかもしれません。

難しいケド

有名な二重唱、Black Swanはこちらから見れます。色々な人を聞き比べてみると、難しさがよーく分かりますです。ちなみにソプラノのアリアもキレイなので、ぜひとも透明感のあるソプラノさんに歌って欲しいデス。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。