お時間あらば、しばし立ち止まっていただければこれ幸い。足跡なぞも残していただければ極上のヨロコビでッス。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD来週中までにどーしても読み終えてなきゃイケナイもんがたまってるんで、自宅軟禁状態でヤル気だけは。。だったのですが。。

こういうときに限って、ネットやりたくなったり。。で、「ちょっとダケー」と建築探偵・桜井京介シリーズなんてものに手を出したのが運のつき。。

ちょっとダケーがメインになってしまい、シリーズ中『未明の家』『翡翠の城』『原罪の庭』とほぼ一気読み。三冊とも400ページを超えるボリュームにも関わらず、ガガッと読みきってしまいました。

罪な三冊、でございマス。。

でもって最近、ミステリづいてるのか、今回は最後を読まず&大体伏線の張り方とか見えてきた気がするんで、「このセリフ、絶対ワケあり」、「矛盾アリ、怪しい」とかとか、ひとり推理の結果を確かめたくもあり、ページを捲る手とまらズ。DVD
登場人物のキャラも立ってるし、建築ネタも豊富で素人のタテモノ好きな私に(結構好きなんすよ)は頷きとヘ~がほどよくあり、建築シロートにも、ほどよい建築マニアにも楽しく読めるのではないでしょか。

そんでちょこっと感じたのは、面白いけど文章が。。時々、「同人誌っぽいなぁ」なカホリがしたんですが。。まぁ、そんなんはいーんですかね。。

と、勝手に三冊をランク付けすると、原罪>翡翠>未明というとこでしょか。未明の家は、ビッミョーな物足りなさを感じはしましたが、シリーズ一作目ということで、゛これから゛という人は、未明からドゾ。翡翠は建築ネタもふんだんに盛り込まれてて、建築探偵モノの面目躍如。原罪は、未明の約5年前の話なんで、前に読むもヨシ、後に読むもヨシ。登場人物たちの゛?゛だった出逢いなどなどが全てではないけど明かされとります。この三冊中では一番内容が濃かったすよ。

このシリーズの良いナ。と思ったとこは、登場人物たちが年を取って行くってとこでしょーか。そんなミステリ+な要素がシリーズを追いかけたくならせてしまうのかも。

って、私は異国住まいなんで中々追えないんですけどね。。。とほほDVD

そうそう、翡翠の城のイタリアはヴェネツィア帰りの教授のセリフに、『南だろうと北だろうとイタリアはイタリアさ。阿呆なツーリストからごっそり巻上げる手口も、年々汚くなる一方よ』なんてのがありました。

スゲー笑ったのですが

作者の篠田真由美氏は、イタリアにしばらく滞在したことがあるのかしらん。それともごっそり巻上げられた経験あったりして(笑)

ブッククロッシングを通して旅立たせマス。どこかでお手に取ることあらば、ココに足跡残していただけると楽しいデス
スポンサーサイト
久々に、友と本の交換&しゃべくり大会を繰り広げるべく、勇んで某所へ出向いたら、居ませんでした。。友。。

なんと、お互いに約束の日を勘違いしていたという痛すぎる間違いを犯してしまったのでありマス。。

痛い、痛すぎる。。(泣)

幸いにして、相方の用事に便乗して来ていて、他のイタリア人たちと話しをしたりとそこそこな一日を過ごしはしたのですが、茶菓子は持ってくは、果ては気合い入れて重箱に弁当詰めてくはですでにココロはジャパンデーにこの間違い。。

ばか、自分。。

やや落ち込みましたが、久々に顔を合わせたイタ人たちと楽しく話しもできたのでそれでヨシ。と。

その時に、クラシック好きのイタ人から勧められたイタリアのラジオRAI3での『La Barcaccia 』を教えてもらいやした。

早速、視聴

案内約のイタリアーノふたりがツッコミ入れまくりでかなりヨシ。プログラムの内容も日替わりで充実してて、ポイント高しでですね、例えばある曲を演奏者変えて聞き比べたり、有名歌手だけでなく、おもろバージョンなども紹介。

本場イタリアだからこんな録音が手に入るんだろなー。なんてのに、カバリエの娘とフレーニの姪だかの二重唱とか。他にも、レナータ・スコットをゲストに迎え、彼女の生徒に歌わせドーダコーダとテクニックなどについて解説してもらったり。

なかなか良いっス

そんでもって司会進行のふたりの掛け合い&ツッコミが面白いんですよねー。まぁ、イタ語自体が音楽っぽいとこあるんで、彼らの会話に耳を傾けるだけでもそれはそれで面白し。それにイタ語分からんでも、クラシック満載なんで楽しく聴けると思いマス。

日本でたまに聞いてたクラシックのラジオ番組って、固っテーー。て感じでしたが、いやはや、こちらは笑いが絶えないですわ。こういうのの日本版なんてのは。。やっぱ難しいんですかねぇ
DVDどーしよーもないバカを描くのがホントうまいな。と唸った内田春菊の短編集。

この本に登場してくるバカで身勝手な人たちを見る目というかツボが自分と重なって、頷くこと山の如しでございましたデス。題も『あなたの世間体』とこれもツボ。

ここに登場してくる人物たちは、決して゛遠い人゛ではなく、そこここに存在するキャラばかりだけど、なぜかこういう゛バカ゛さ加減って微妙に隠されてるのか、分かりにくいのか、はたまたこういう゛バカ゛が多すぎるのかであまり口にする人はいなかったような気がするのデス。それをこの漫画でどーしてバカなのかを白日の下に晒したのは快挙、ではないでしょーか

多分、これ読んで「ムカツク」とか「なんでー?」とか、「どこが悪いわけー?」、「全然わかんなーイ」とかとか思ったアナタ、゛あなたの世間体゛、今一度見直して見ることをオススメいたします。
DVDこの思わず、゛もきゃー゛とか、゛うっきゃ~゛とか吹き出しつけたくなる写真にひかれ、手に取ってしまいました。

音楽は最近ハマりつつある三木のり平似のストラヴィンスキーが作曲したバレエ音楽。

このジャケットにストラヴィンスキーですからね、否が応にも期待は高まりマス

が、

ウソっ、ふつうっぽい~~

ということで、音楽的にはかなり裏切られてしまいました。。なんでもペルゴレージの作品を素材としてこの『プルチネッラ』(Pulcinella)を作曲したそうな。

バロックじゃーーん

※バロックは1600年~1750年のバッハが亡くなる年までを指しますね。日本じゃ、関が原の戦いから徳川時代ってことになるんでしょーか。

ということで、ペルゴレージ入ってるだけあって、ペルゴちゃんとは違った意味でストラヴィンスキー独特のココロ揺さぶられる音楽は鳴りを潜め、聞きやすい音楽でした。

が、

踊りが怪しい~~

音楽は私的にはハズされた感がありましたが、踊りがそれを補って余りあったので、かなり楽しく鑑賞いたしました。一緒に見てた相方は、奇妙で特徴的な動きが気に入ったらしく、真似してました(が上手くできず。。当たり前)

バレエっていうと、シリアスものしか思い浮かばない素人の私にはこういう゛変゛な動き全開なとこがツボでございました。
DVD英語できそうですよね、ちょっと訳してください!!」とイキナリ頼まれ、腕を引っ張られドイツ語と英語話者の人の前に連れてかれました。

もち、できません

無謀にも私に英語通訳を頼んだ人に、「私より英語ができない人はそうそういないと思いマス」と言うのも聞かず、「絶対、私よりできますからぁぁ、お願いします~~」と泣きつかれたのですが。。

す、凄い、私よりできない人も存在するのですね。。(汗)

ぐらいできない方だったので、結局、ふたりで単語を並べ、ジェスチャーで乗り切りました。

このことで、ほとほと自分の英語力のなさに嫌気がさし、帰宅後、そういや日本から持っては来ていた『高校新基礎英語』を手にとり、挫折しながらも、チビチビと再勉強してみてマス。

これ、高校のときに学校で配られたのですが、分かり易いっすよね。

この監修をしている河上道生センセというのは、英語の参考書や誤りを指摘する著書などを出されているのですねぇ。ちょっとググッたら中々に評判の良いセンセでございました。

その河上センセ監修のこの参考書を使いながら、ミチミチっと作文したりしてるわけですが、説明読みながらやってると、こんな私にも結構できることが判明&意外にイタ語の知識が役に立っているカモなことも判明。

あぁ、でもこれを高校時代にキチンとやっとけば。。私の現在は違ったものになっていたのかもぉ。。

嗚呼、今更嘆いても仕方ないっすね。。

もちやるべきときにやっとくのがベターな参考書ではありますが、やり直し&今更な方にも良いのではないでしょうか。ちょっとオススメ
DVD思ってたよりは薄味だったかなな、『黄泉がえり』

題名は絶妙!だし、題材も良いけど、なんかググッと来なかったデス。多分、最近ドドンと今までに読まなかった分野の本を読んだりと、オオーーってな感動があった中だったからかしらん。あと、『オーラの泉』をみたりした記憶が本作とダブったためかも(笑)

そんなこんなでなんとなく中だるみしながら読了。でも構成も良いと思うし、年代関係なく読みやすい感動作なのではないでしょか。

やはりこれも映画化されてるんですよね。未見ですが、キャストやストーリーを見ると、原作をベースに登場人物の設定やストーリもちと違うよう。話しは熊本で起こったことになっている死者が期間限定で蘇る現象を扱っているので、作り手側としては原作どおりというより、エッセンスはそのままに少し違った話しを作ってみたい気になるのかもな。と想像してもみたり。

なんていうか、映画つくったりを考えたとき、原作のストーリー以上に色々アイデアが湧いてきそうな気もします。今までにありそでなかった(?)、そしてあって欲しい物語。

 これもブッククロッシングを通じて旅立たせマス。縁あってお手元に流れついたら、ココへ一言メッセージなぞ残していただけるとウレシです。
DVD脱力。。

な読後でございました。

せつなさとやるせなさが交差する類稀なる繊細な物語。

大分前に一度読み始めるも、なんかこう、胸が詰まりそうな予感に襲われ本を置き、本棚の肥やしになること数年。ふっと読める気がして再び手にして一気読み。

正しいタイミングを逸してしまい、あまりにも長いあいだ拒んだり、拒まれたりしていたら、最終的に力を注いだり、喜びを持って取り組んだりしても、もう遅すぎるのだ。それとも「遅すぎる」ということはなくて、単に「遅い」というだけであり、遅くてもやらないよりはましということなのか?ぼくにはわからない

『朗読者』と聞き手の人生と運命へのもどかしさというか、やるせなさというかがこの文にこめられているよな気がいたしました。ソッと誰かにおすすめしたい一冊です。
DVD人からもらった本でなければ、装丁差別で手に取りもしない系の表紙ですが、最近ミステリづいてるのでカバーはずして(いや、そこまでせんでも。って感じですが、好きになれないのですよ装丁。。)、イザ、読書。

読み始めて気付いたんですが、この『丹後殺人迷路』って、有名な十津川警部シリーズだったんですね。解説によると、シリーズ第一作目とのこと。

表紙のゴルゴ13系の表紙から、かなりハードな内容かと思いきや、十津川警部と相棒の゛カメ゛さんこと亀井刑事との中年コンビが朴訥としたイイ味だしてました。

読む観光案内にもなっていて、中々楽しかったです。

欲を言えば、なんか上手く言えませんが、もうひと要素欲しかったナー。な印象。もうちょっとキリキリ舞させて欲しかったっていうか。。

でもサラッと読めるページ数とかも考えると、そりゃ贅沢な゛欲゛、なのかしらんね。
DVDビバ・青春!

久々に活字読んで声をあげて笑いました。

適度にほろ苦く、適度に甘酸っぱく、、懐かしい。そして+α。

『鴨川ホルモー』は京大生や京産大生などの京都の大学生たちが、京都を舞台に織り成すちょっと不思議な物語り。実は京大の学生寮に泊まったことあるので、京都くらしは未経験だけど、なんだかスンゴイ懐かしい。寮を中心に京都をプラプラしてたときに゛通った゛、゛見た゛場所が出てきて、ググッと親近感が湧きました。

題名にある゛ホルモー゛ってなんだ?そんな素朴な疑問が湧きますが、古来より続くある競技。と答えておきまする。その競技を行う大学のサークルを軸に恋や学生生活と、ちょっと前に学生してた私には懐かしく、今の学生さんたちには多分゛そうそう!゛と頷きながら読める一冊。

さすがに自分が学生のときにこんな奇想天外なサークルはなかったですが(いや、気付かなかったダケ?)、ほかは似たようなことやってたナー。となんか妙にツボ。

これ、うまく映画にしたら面白いだろうなー。なんて思ったら、やっぱり映画になるそうです。

読みながら、主人公は山田孝之かなー。なんて思ってたら、映画も彼主演とのこと。私的にはイメージ合ってるんで、こりゃちょっと楽しみかも。

この本、この間の書籍交換時にお借りしたものです。「へぇー、こういうのもあるんだ」と自分の知らない分野を知ることもできるのがこりゃまた楽しいデスね。
DVD先に読んだ、『幻夜』『容疑者Xの献身』に比べるとこの『変身』は息苦しさや緊張感は少しユルイかしらん。

多分、日記が挿入されてたり、ストーリー上、゛客観的な記述゛が多かったのでちょっと淡々とした印象を持ったのかもデス。それゆえに、のめり込んで息苦しくなるようなことはなくフツーに読了。

物語は今までありそうでなかった、でも多くの人がちらと考えたことのある゛もし゛が題材にとられているので、興味深く読んだ人も多いんじゃないでしょうか。

自分としては少し物語りとの間に距離を感じたんですが、人によってはかなりググッと来るのでは。

でもって、これもまた映画化されてるんですね。原作の方は評判良いみたいですが、映画の評判は。。結構ボロクソに言われてるのを見ましたが、どうなんでしょうねぇ。

 こちらもブッククロッシングで。もしお手元にドンブラコと流れ着いたら、一言どこで。とメッセージを残していただけると楽しいデス
DVD東野圭吾作品はこれで二作目。

この『容疑者Xの献身』も、人からいただき手に取りましたです。

二作品とも、途中でなんかこう息苦しくなってくるというか、ツラクなってきてしまって、今度こそはやらないでおこうと思った最後読み、またやってしまいました。。やや反省。。

人の闇とか汚さとか、出来れば目を背けたい心理描写が上手いんだろな。だからなんていうか、ただの読者で第三者の傍観者な私なんかが読んでて居た堪れなくなって、思わず結末をチラリ。。で安心して読み続けられるわけでして。。

ココロ、弱いんですよ、私

私なんかは、読んでてツライというか切ないなぁ。なんて読み進めるのがキューッと苦しくなってきたりするんですが、それでも読ませ続けさせるのは、作者の実力でございましょうか。

と、これ、ガリレオ先生シリーズってやつらしいです。

ココから、この本が今どこにあるか分かります。もしどこかでこの本を手にとることあれば、足跡を残してもらえるとウレシでっす。
DVD初、田口ランディ。

数年前に仲良くしていたフコーな恋愛から抜けきれない友が「最近、田口ランディばっか読んでるの。なんかスゴク、わかる」としみじみ頷いていたのが頭に残っていたので、なんとなーく手に取らなかったのでした。

当時の友の恋愛がそりゃぁフコーで傍から見ているとバカ、バカ、そしてバカ。な恋愛だったのですよ。私のように醒めた星人からすると、聞いてるだけでゲンナリだよ。イライラするよ。なエピソードオンパレードだったのですが、そういった恋愛もアリだってことは頭ではわかってはおります。多分、割り切れないんでございましょう。

この短編集がよくできているとは思いませんが、友のような恋愛で割り切れなさを抱え持つ人の心のひび割れにするりと潤滑クリームみたいに入り込んでくるよな要素があるんじゃないか。そんなことと友のことを思い出しながら読了。

自分が田口ランディにハマルとは思わないけど、支持される理由は分かる気がした短編集『縁切り神社』
でございました。

ココからどこにこの本があるのかが分かります。
DVD久々に画面に釘付けになってしまいました。

ジェシー・ノーマンは言わずと知れた実力派の世界的なソプラノ歌手、でも舞台というのは彼女だけで成り立っているわけではないです。当たり前ですが。。

このストラヴィンスキーの『エディプス王』(Oedipus Rex)
は、途中途中に語り手が入って場面の粗筋を語るのですが、この語り手に、白石加代子。

やっぱり、ド迫力

そして演出も私好みでございまして、いいのよ。イイ。

なんでも演出家さんは、東洋演劇を学んだ人とのことで、ヨーロッパなセンス、でもそれだけでない東洋的なセンスも感じられて妖しく独特、やや大駱駝鑑な雰囲気が観客を惹きつけマス(この方、『ライオン・キング』の演出でも有名だそう)

衣装は、和田勉の奥さま、ワダエミ(和田勉ってことはどーでもいいかな(笑))。アンバランスとバランスが絶妙。美術も良くてですね、見終わった後に、「な、なるほどーー」と唸りましたよ。

これ、゛サイトウ・キネン・フェスティバル松本゛初年度に上演されたんですね。気合が伝わってきます。白石加代子+ジェシー・ノーマン、これだけでも見るべっし!と一押しですが、魅力はそれだけではないのでございます。

もちストラヴィンスキーの音楽も健在です。なんていうか、最近ハマっちゃっててね、ストラヴィンスキーの歌モノ。面白いのよ、ホント。

このエディプス王、上演時間は約1時間ほど。有名な話しだし、とっつきやすいです。でですね、台本は、なんと!!ジャン・コクトー(個人的には、キターーっ。って感じなんですけど。。そうでもないですか?)

ということで、これからストラヴィンスキー歌モノな方には、この辺からご覧になられてみてはいかがでしょう。オススメ。

※忘れてましたが、指揮は小澤征爾
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。