お時間あらば、しばし立ち止まっていただければこれ幸い。足跡なぞも残していただければ極上のヨロコビでッス。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD花になぞらえ鋭い観察眼でオンナの内をエグる大田垣晴子さんの『花のような女(ヒト)』は、相変わらずのかわゆく親しみやすい絵柄を裏切り、なかなかにエグくてございます。

でもドロ~っとしてないのは、絵柄のかわゆさとオンナのイタイところを鋭くブスッと貫くぐらいの切れ味抜群の考察力にあるような気が。それとオトコたちの「ちょっとーー!そこに騙されてんじゃないわよーー」と自分の実生活でもココロの雄たけびはいるような゛身近な゛キャラがユーモアに描かれているからでしょうか。

男女の間で繰り広げられる駆け引き。オンナ側の舞台裏がのぞけるこの一冊は、ぜひぜひ男性諸氏におすすめしとうございます。

うつくしく華やかに、ときに守ってあげたくなるような花たち。実はね、しーっかり根がはってて逞しーいのですよ。

えぇ、そんじょそこらの男性よりも。

この本は、一見すると色鮮やかな、ユーモア溢れるイラスト・エッセイだと思われがちだ。でも、じっくり読んでいくと、辛辣な女性観察が随所にちりばめられていることがわかってくる。。(中略)大田垣さんが、この本で繰り返し強調しているのは、男女関係におけるオンナの駆け引きについてだ。(中略)じっくり読んでいくと、その観察の深さ、考察の切れ味に圧倒されてしまう。(解説より)裏表紙より
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。