音楽家のための老人ホ-ムのドキュメンタリー映画-トスカの接吻

ここでは、「音楽家のための老人ホ-ムのドキュメンタリー映画-トスカの接吻」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トスカの接吻

イタリア人で知らぬ人はいないイタリアの超有名人

ジュゼッペ・ヴェルディ。

19世紀にオペラ作曲家として名を馳せ、今だ彼の作品は世界中のオペラファンを魅了し続けている。

彼は作曲以外でも、ある遺産をミラノに残した。

音楽家のための老人ホ-ム。

この事を知ったのは、大学時代だったと思う。
やるじゃん、ヴェルディ」と思ったのを覚えている。それ以来、この老人ホ-ムがずっと気になっていた。

アクの強い音楽家たちがどんな老後を過ごしているのか?

そんな時に出会ったのが、ダニエル・シュミットの「トスカの接吻 IL BACIO DI TOSCA」だ。

監督のシュミットはここにカメラを持ち込み、引退したオペラ歌手たちの生活を淡々と記録する。往年の大歌手が舞台衣装を取り出し全盛期を懐かしみ、そして歌いだす。。

これはフィクションか、現実か。。。

もしかしたら、虚構とも言われる華やかなオペラの世界で生きてきた人々の老後を映すのは残酷なことなのかもしれない。でも虚構とも現実ともつかない世界に生きたのなら、この現在もまた虚構なのかもしれない。。

私は過去を追い続ける彼らを見て、追い続けたい過去のある彼らを羨ましく感じた。「夢」のような人生と言ってもいいような気がする。夢を追い、夢を実現し、老いて嘗ての「夢」を回顧する。。

フと、沢庵和尚さんの遺言を思いだした。

「夢」だそうだ。

ちなみに、イタリア語では「La vita è sogno」と紹介されている。
LA TAZZA E IL BASTONE
111 storie Zen narrate dal Maestro Taizen Deshimaru 22ペ-ジより

同じ夢なら、良い夢であった方がいい。。。

この映画は夢(?それとも虚構?)、現実、過去、現在が交差する力強く不思議なドキュメント。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/10-8ca60a69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
1987年4月、メトロポリタン歌劇場でのライヴを収録したDVD。1989年に発売されたLDのDVD化である。オペラを集めようという者にとってCDで音だけ集める時代というのは既に終わっていて、優れた演出や映像とともにその音楽を楽しむという時代になったということは本当に喜ぶべ
2007/09/26(水) | オペラ作曲家がいいと思う
トゥーランドットの録音についてはたくさんの答案が世にでておりますが、数少ない正解がこの盤です。指揮は若き日のメータと、歌声はなんといってもパバロッティです。もうこの歌声がなければトゥーランドットは聴けません。何回聴いても勉強になります。このメータ盤はとも
2007/10/01(月) | オペラの厳選紹介
Richard Strauss: Der Rosenkavalier・トスカ&リゴレット・ローマ歌劇場「トスカ」・音楽家のための老人ホ-ムのドキュメンタリー映画-トスカの接吻・ニーベルンクの指輪 トスカ&リゴレット(Juuuust chillin' out!!)関西イタリア系イベント第
2007/10/17(水) | オペラの厳選紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。