雪の日に読む不思議物語-澁澤龍彦「東西不思議物語」

ここでは、「雪の日に読む不思議物語-澁澤龍彦「東西不思議物語」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日の夜に雪が降り、昨日は何もないのんびしできる日だったので、積もって少しづつ溶けゆく雪を眺めつつ、読書でもしようかと久々に手にとったのが 澁澤龍彦の「東西不思議物語」。雪景色を眺めつつ読む、世にも不思議な物語。。というのもオツであると思っての選択であります。

一度読んだんですけど、何度も読み返せるおもしろさがあると思うんですよね。しかも、どっから読んでもいいってのもイイ。

澁澤の前口上から少し。。。

不思議物語の伝統は、歴史とともに、古代から脈々と流れていると言ってもよいであろう~略
私は学者ではないから、七面倒くさい理窟をつけるのはあまり好きなほうではなく、ただ読者とともに、もっぱら驚いたり楽しんだりするために、五十篇に近い不思議物語をここに集めたにすぎないのである。したがって、読者のほうでも、あまり肩肘を張らずに、私とともに驚いたり楽しんだりして下さればそれで結構なのである。
それにしても、不思議を楽しむ精神とは、いったい何であろうか。おそらく、いつまでも若々しさを失わない別名ではなかろうか。驚いたり楽しんだりすることができるのも一つの能力であり、これには独特な技術が必要なのだということを、私はここで強調しておきたい~略
読者は気が向くままに、どこからお読みになっても差し支えない~略

不思議を楽しめる能力を持つ澁澤龍彦氏が、古今東西から選りすぐった不思議物語なんですから、おもしろくないはずがありませんです。短いエッセイの中にはたくさんのエッセンスが詰め込まれています。もうホントに「へぇ~」の連続。

私はこの人のエッセイが好きです。全部は読んでいないし、時に退屈なものもありますが。。。

彼は人並みはずれた知性と考察力に加え、ユ-モアがあると思うのです。自身にユ-モアがあるだけでなく、人にその知識を堅苦しくなく楽しくみせてくれる才能も持ち合わせている稀有な人でもある気がいたします。

そうそう、私は澁澤の裸踊りの写真を持ってるんですよね~(某雑誌に掲載されてた)局部にアフリカの某民族がつけるような動物の角をつけ、ソファ-の上で楽しそうに踊っています。

確か澁澤夫人のコメントが。。。
「澁澤は精神が裸になるのは好みませんでしたが、ヌ-ドになるのは好きでありました」。。。。やっぱりウロ覚え。。。(この辺のことをご存知の方いらっしゃったら教えていただけると感激でッス)


yuki.gif
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/11-a82db73c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
メルヘンの セクシャルな暗示 「シンデレラ」「眠れる森の美女」「赤ずきんちゃん」「長靴をはいた猫」。誰もが知るこれら童話の創作は、民間伝承を寓話化した一人の法曹家によって世に送り出された。宰相コルベール(Jean Baptiste Colbert;1619-1683)に見出され、ボワロ
2005/03/17(木) | Augustrait
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。