半日空いたら、手軽にサイコサスペンス-『水中眼鏡の女』

ここでは、「半日空いたら、手軽にサイコサスペンス-『水中眼鏡の女』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD黒い水中眼鏡をかけた女が、精神科医の前にあらわれた

これだけで結構なツカミあると思うんですが、装丁がお肌に合わなくて(?)、友達からもらったまま放置しとりました。

装丁差別、スゴイあるんです。。スンマセン。。

で、゛サイコサスペンス゛って括りになる三篇が収録されてマス。これら三篇ともに意外な仕掛けが施してあり、先が読めたつもりでいても「そーくるかっ!」な驚きのラストが用意されてるとこに、作者の実力感じました。

作者、逢坂剛の名前ぐらいは知ってましたが、読むのは初めて(だって、この人の本の装丁が好きになれないんですヨ。。あと、西村京太郎とかの本の装丁も。。)。今まで避けて読まなかったことに、゛チッ゛と舌打ちしちゃいました。

最近、読まず嫌いを反省な日々、でございます。

●水中眼鏡の女(ゴーグルの女)
●ペンテジレアの叫び
●悪魔の耳

黒い水中眼鏡をかけた女が、精神科医の前にあらわれた。ある朝、突然目が開かなくなってしまったという。自宅で発生した火事にyほって夫を失ったことが原因かと思われたが--。治療が進むにつれ、驚愕の事実が浮かび上がっていく表題作のほか、難病の妻の介護人として雇われた女性が、歪んだ夫婦関係に巻き込まれていく「ペンテジレアの叫び」など。サイコサスペンスの傑作全三篇を収録-裏表紙の紹介より
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/128-12ef6818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。