大学のはじまりと骨董市-ボローニャ

ここでは、「大学のはじまりと骨董市-ボローニャ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVDぷらぷら散歩で行き当たったボローニャのとある広場での骨董市で、絵葉書2枚に小さなスプーンを購入。しめて6ユーロ也。

女性が印刷されたフランスの絵葉書は友達への年賀状に、もう一枚はセミナー受講中でこの場に居合わせなかった相方へのちょっとしたオミヤゲ。軍服を着た猫(と犬?)がどっかのお偉いさんの遺体を運んでいる最中の葬儀の一場面。右上には゛La Morte di Cecco Beppe゛の一文が。相方、この一文が気になったらしく、帰宅後に早速ググッとりました。

意外や意外、このお偉いさんは、かの有名なオーストリア皇后でシシィの愛称で親しまれたエリザベートさんのダンナだということが判明。でもって、このダンナ、食べるの早かったらしく、同席したお貴族さんたちは、この皇帝が食べ終わると給仕たちが食事半ばの同席者たちの皿も持って行っちまうので、皇帝とのお食事会はあまり評判がよろしくなかった。なんてことも判明。

なんかオカシイっすね(笑)

そんなちょっとした゛オマケ゛な楽しみもついてきた、ボローニャの骨董市でございました。
この第2土日に行われる骨董市のある広場にはですね、あるバルコニーがあるのですよ。ふふふ。。

そのバルコニーから゛大学゛というアイデアが生まれたのですね。

バルコニーを教壇がわりに、世界で初めて公式に゛教える゛という試みがされたんだそうな。で、こりゃイイ。ってことになり大学。ってのが始まり、世界へ広がっていったとのこと。

これ、骨董市で出店してたオバチャマが教えて下さいましたデス。

そうそう、゛大学゛といえば、かの有名なウンベルト・エコも教壇に立つ(今でも?)ボローニャ大学がございます。実は、このエコご贔屓の喫茶店というのがある。と耳にして、前回のボローニャ滞在のときも含め、すでに数回足を運んでいるんですが、いつも閉まってるか半分閉まって(?)て、振られまくり。。

いつやってるんですかぁ?

もしご存知の方いらっしゃったら教えてくださいまっし
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>エコご贔屓の喫茶店
本当に、いつやってるんでしょう?

>半分閉まって
が、えらく感じ出ています。(笑)

実はメジャー作品も含めてウンベルト・エコはいまだ読み始めてもいないのですが、この喫茶店には興味あります。いつかリポートしてもらえるかな?
今度は開いてるといいですね。
2008/10/15(水) 08:49 | URL | donau #tUnKcmU.[ 編集]
本当に、いつやってるんでしょうか。。そして半分閉まってというか、半分開いてるとこがそれっぽいでしょ(笑)

と、エコ作品は、『薔薇の名前』と『フーコーの振り子』の上巻のみ。しか読んだことないですが、随分前に見た、エコさんが卒業生とダンスしてる写真を見てから、あのお茶目さにすっかりファンになってしまったのでした。

ご贔屓喫茶店には、ボローニャ行くたびにチェレンジしまくる所存でございますので、いつの日か、コーヒーなぞ飲むことができたら、レポートいたしますね。
2008/10/15(水) 19:24 | URL | zefiro04 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/142-ddb605de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。