名探偵ポワロ、引退後はカボチャつくってました-『アクロイド殺人事件』

ここでは、「名探偵ポワロ、引退後はカボチャつくってました-『アクロイド殺人事件』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVDさすが大御所、読ませます。

最近、ミステリづいているのですが、その中でもこれはヒットかな。

引退したエルキュール・ポワロが、かぼちゃつくりに精を出して暮らしている村で起きた事件を解決するのですよ。

ポワロがかぼちゃつくってるってのがイイでしょ。

本筋とは関係ないとこがツボだったりもしたんですが、ポワロの灰色の脳細胞が本領発揮する過程も中々にツボでございました。

実は、ミステリ初心者の私ったら、やってはイケナイ。。最初に犯人が明かされる最後を読んでから読み始めたんですが、知ってから読むと、それはそれで゛気付き゛があったので、鈍い私には楽しかったのですが、読む前に最後を読むってダメですよね、やっぱ。

探偵小説というものの性質上、一度読んだら二度読む必要も興味もない作品が多いことを、私も知っているから~中略
わたしはこの作品を「文学」として翻訳することに心をきめることによって、躊躇をおいはらった訳者あとがきより

そういやそうだな、犯人分かっちゃったらねぇ。二度読みはしないことの方が多いんだろな。と思ったんですが、このアガサ・クリスティの『アクロイド殺人事件』は、多分、二度読みが楽しいと思うんですよね。そして有名な作品だけあって、色々な訳者さんが訳してるので、゛読み比べ゛なんて楽しみもあるかも。

そうそう、この作品はクリスティが取ったある手法から賛否両論で、「こんな手法はフェアーじゃない!」なんて声もあるようです。ミステリ初心者の私には、「面白いからイイじゃん」と単純に考えちゃったんですが。。ミステリのお作法。なんてのも存在、するのかしらんね。。

今更ながらに気になってきた、゛ミステリ゛でございます(でももうそろそろ、品切れなのよね。。)

 この本がどこへ行ってるかはココから分かります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/144-53083a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。