西村京太郎、十津川警部シリーズ一作目-『丹後 殺人迷路』

ここでは、「西村京太郎、十津川警部シリーズ一作目-『丹後 殺人迷路』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD人からもらった本でなければ、装丁差別で手に取りもしない系の表紙ですが、最近ミステリづいてるのでカバーはずして(いや、そこまでせんでも。って感じですが、好きになれないのですよ装丁。。)、イザ、読書。

読み始めて気付いたんですが、この『丹後殺人迷路』って、有名な十津川警部シリーズだったんですね。解説によると、シリーズ第一作目とのこと。

表紙のゴルゴ13系の表紙から、かなりハードな内容かと思いきや、十津川警部と相棒の゛カメ゛さんこと亀井刑事との中年コンビが朴訥としたイイ味だしてました。

読む観光案内にもなっていて、中々楽しかったです。

欲を言えば、なんか上手く言えませんが、もうひと要素欲しかったナー。な印象。もうちょっとキリキリ舞させて欲しかったっていうか。。

でもサラッと読めるページ数とかも考えると、そりゃ贅沢な゛欲゛、なのかしらんね。
DVDでこれって、渡瀬恒彦主演(十津川警部役)で約10年前にドラマ化されてたんですね。(写真は、ドラマでの一場面をネットからちょっと拝借)

本の表紙のイメージからだと、お兄さんの渡哲也な感じですが、表紙はちなみに犯人。テレビでは犯人役は根津甚八が演じてマス。十津川警部の相棒・亀井刑事役には伊東四郎。そして原作にない新聞記者役がつくられてて、これは斉藤慶子。

折角本も読んだし、これはちょっと見たいかも。これ系のシリーズって、旅案内的要素も入ってるんで、そこそこな視聴率とれるドラマになりやすいのかしらんね。

キャスティング、悪くないと思うんですが、どうでしょね。

 この本がどこへ旅行中かココから分かります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/145-8d30ac91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。