笑えるクラシックのラジオ番組-『La Barcaccia 』

ここでは、「笑えるクラシックのラジオ番組-『La Barcaccia 』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に、友と本の交換&しゃべくり大会を繰り広げるべく、勇んで某所へ出向いたら、居ませんでした。。友。。

なんと、お互いに約束の日を勘違いしていたという痛すぎる間違いを犯してしまったのでありマス。。

痛い、痛すぎる。。(泣)

幸いにして、相方の用事に便乗して来ていて、他のイタリア人たちと話しをしたりとそこそこな一日を過ごしはしたのですが、茶菓子は持ってくは、果ては気合い入れて重箱に弁当詰めてくはですでにココロはジャパンデーにこの間違い。。

ばか、自分。。

やや落ち込みましたが、久々に顔を合わせたイタ人たちと楽しく話しもできたのでそれでヨシ。と。

その時に、クラシック好きのイタ人から勧められたイタリアのラジオRAI3での『La Barcaccia 』を教えてもらいやした。

早速、視聴

案内約のイタリアーノふたりがツッコミ入れまくりでかなりヨシ。プログラムの内容も日替わりで充実してて、ポイント高しでですね、例えばある曲を演奏者変えて聞き比べたり、有名歌手だけでなく、おもろバージョンなども紹介。

本場イタリアだからこんな録音が手に入るんだろなー。なんてのに、カバリエの娘とフレーニの姪だかの二重唱とか。他にも、レナータ・スコットをゲストに迎え、彼女の生徒に歌わせドーダコーダとテクニックなどについて解説してもらったり。

なかなか良いっス

そんでもって司会進行のふたりの掛け合い&ツッコミが面白いんですよねー。まぁ、イタ語自体が音楽っぽいとこあるんで、彼らの会話に耳を傾けるだけでもそれはそれで面白し。それにイタ語分からんでも、クラシック満載なんで楽しく聴けると思いマス。

日本でたまに聞いてたクラシックのラジオ番組って、固っテーー。て感じでしたが、いやはや、こちらは笑いが絶えないですわ。こういうのの日本版なんてのは。。やっぱ難しいんですかねぇ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/158-ccf0b30e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。