フランス人が絵本に描く日本の物語

ここでは、「フランス人が絵本に描く日本の物語」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"IL FOULARD MAGICO" Racconto giapponese
Raccontato da DIANE BARBARA//Illustrazioni di ANNE BUGUET
原題「Le foulard magique」

フランス人著者が描いた日本の物語を、イタリア語に訳した絵本。
27ペ-ジと短く読みやすく、絵本なので全ペ-ジに絵が掲載されています。

ど~も中国テイストも入っている気がするのですが。。。まぁそんなものなのでありましょ。
日本人からしたらちょっと違和感があるのは、登場人物のお殿様やお姫様がらしくなく、いやに庶民っぽい。これは多分、浮世絵をモデルにしてるからなのかな。  
(ご存知のように、浮世絵のモデルは、主に遊女や歌舞伎役者さんたちでありました)。
海外の人が昔の日本人を思い浮かべる時、やはり浮世絵のモデルたちを思い描いてしまうのでしょうね。

ここでオッ!と感じたところをひとつ。。。

si era addormentato; la sua testa dondolava avanti e indietro, utsura,utsura.

スゴイゾ!日本語!この「うつら、うつら」だけで、これだけのことを表現できるなんてっ!

とですね。この下の「 Iya, Iya!」は分からないんですよね。知っている方いらしたら、教えていただけるとうれしいなぁ。

Che disgrazie! Che disgrazia! Iya, Iya!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/16-8a9c5840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。