ココロざわめかす音楽家の生涯-『グレン・グールドをめぐる32章』

ここでは、「ココロざわめかす音楽家の生涯-『グレン・グールドをめぐる32章』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD久々に、見直してみた『グレン・グールドをめぐる32章』

雪原の彼方からやってくる冒頭、雪原の彼方へと去って行く最後。最後のコンサートの舞台に出る直前にサインに応えるグールド。ホテルのメイドに自分のレコードを聴かせるグールド。友人へ宛てた手紙へ綴る想い人への気遣い。。短いエピソードや関係者らの証言から様々な面を見せ、浮き上がってくるグールドは、真摯で謙虚、孤独だが孤独ではない。。

淡々としてるからか、私のグールドへの思い入れが強いためか、見終わった後は余韻をひきます、残します。

大学のとき、ピアノのテスト前は絶対にグールドを聴かないという友がおりました。

あんなの真似できっこないし、面白すぎて眠れなくなるから、試験前に聴くのはキケンなのよね

だそうです。クラッシックが固い、暗い、ツマラナイ。という人は、グールドを聴いてみることをオススメします。何から聴いていいか分からない。といならば、この映画のサウンドトラックから聴いてみるもよし。ネットで検索して映像+音楽から入ってみるもよし。グールドほど映像を遺した演奏家もそう居ないというぐらい残ってますから。

そうそう、ヴォイジャー探索機は、宇宙飛行中に何かしらの生物と接触したときのためとして、グールドのピアノ曲も積み込んだそうです。きっと、彼のピアノを聞いたら、地球にやって来たくなるんじゃないかしらんね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もうちょっとグールドな方には、下記の映像(12続きの映像のひとつ目です)もオススメです。関係者の証言を通してまた違ったグールドを発見できるかも

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/160-c34b85f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。