ミラノ日本人学校で、日本語書籍

ここでは、「ミラノ日本人学校で、日本語書籍」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD日曜に、本友に誘われ、ミラノの日本人学校のフェスタと呼ばれる学園祭(?)みたいなのに行って参りましたデス。

12-16時とたったの4時間だけで、友情報曰く、「今年はイタリア人も大量に来るって話しだから、12時前には着いてないとだよー」と、車出してくれる友の住む町まで早目の電車で行くも、またも電車が遅れ、おせおせで結局日本人学校に着いたのは、12時15分。

着いた時点で長蛇の列でございました。

前に来たときはこんなじゃなかったんだけどなー。な記憶でしたが、近年はなんだかイタリア人入場者増なんてのもあって、スッゲー賑わっとりました。

友は、「本以外で見たいものある?いいよね、あとは別に。じゃ、本」ということでふたりして着いてすぐに本売り場と化した図書室へダッシュ。

友ったら、えらく用意よくって小ぶりの紙袋数枚を用意して、バシバシ本をつめては運転手&クローク係りのダンナさんとこへ置いてくんですよ。まー手際良いこと。。

私は両手に持てるだけだったんで、写真分だけ。この写真には、友から借りた本も混ざっての冊数でございます。もーぅ、狭い会場に人が押せ押せだったんでゆっくり見るとか吟味するとか、浸るとかとかはできませんでしたデス。

でも友と共に行ったり来たり迷ったりで、気づいたら2時間経っとりましたけど。

その後友は用事があるとかで、とっとと会計済ませて疾風のごとく他には何も見ず、互いの戦利品批評会もやらず立ち去って行きました。

もう、怒涛

私は桃色吐息で迎えの相方待って終わった日本人まつり、でございました。

いや、もう、日本だったらこんな苦労しなくて日本語書籍手に入れられるのにっ。なーんてグチっても仕方ないっすが、まぁなんともはや疲れましたデス。でもしばらくは楽しく過ごせそうではありますけど。

ということで、サバイバーというか、バーゲンのノリではなくて本を手に入れられたらぁ。と思っているので、日本語書籍欠乏症の方、どうですか、気が向いたら交換してみませんかっ。でございマス

あぁ、そうそう、折角日本人がドドッと集まるとこなんで、ブッククロッシングで流してる本を置き去りにしてこよっかなー。なんて目論んでたんですが、あまりにも体力を消耗しすぎて置いてくんの忘れてしまいました。残念。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/164-0a65461a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。