作品よりも、作者さんの方に興味が湧いた-『蟲』

ここでは、「作品よりも、作者さんの方に興味が湧いた-『蟲』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD以前に何冊か読んでそこそこ面白かった記憶アリだったので、これまた先日のミラノで目についたついでに購入してみました、坂東眞砂子氏の『蟲』

一言で言えば、期待ハズレ。残念。。な一冊。

妊婦さんの不安定さや、「よくいるよね、こういう女性」な心情がねっとりとした通奏低音がごとく描かれているのと、気味悪い゛蟲゛も絡みで、なんとなーく濁って湿った空気感とかは、まぁホラー。ではありましたが、なんか中途半端やなー感は拭えずでございました。でもときどき絵的にホラーかも。な表現には才を感じちゃったりしたことも確か。

作者の坂東眞砂子女史は、イタリアでインテリアデザインを勉強してたんですよね。日本の土着ホラー(?)←勝手に命名。っぽいのを書く作家さんとしてはちょっと異色な経歴だよなぁってのと、猫殺しで一時話題になってたことで記憶にインプットされとりましたです。

この『蟲』読んで、そんなこんなを思い出したので、ちょっと経歴なぞググッてみたら、ちゃんとミラノ工科大で2年間留学してるんですのね(なんちゃってとかかもなぁ。。なんて思ってたのですが。。スンマセン。。)。でもって、自称・詩人さん(??)とタヒチでロハス生活(?)してたことあったりとか。。

全然、ニッポン土着ホラーなイメージないんですけど。。

いやはや面白いですよねぇ。でもって、発言とかからちょっとイッチャイ気味(?)な印象アリなとこもやや惹かれマス。で、「すべての男は、私だけに夢中になってほしい」なんつうこともおっしゃってたりされるようで、さぞや外見もブッ飛んだハッデハデな方というか、気合い入ってんだろな。とネットにてご尊顔を拝したら。。

のけぞり、ました。。

あまりにも期待を裏切られて。。
(なんというか、勝手ながらの私の印象では、源氏物語の末摘の花の君がすぐに頭に浮かびました。。末摘さんが、ロハスに詩人とタヒチでミラノでデザインで子猫殺しでホラーで蟲で死国でそれからそれから。。)

スミマセン、混乱してマス

作品から受けるイメージやマスコミからの情報、たまたま見たお写真などなどとのギャップの差から、「一体、この方の中にはどんな感性が同居しているのか」。。なんてことがスンゴイ気になってしまいます。

日本帰ったら、エッセイとか探してみようかしらんね。

こちらもブッククロッシングで。旅程はココからドーゾ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/167-40db3cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。