沖田総司って、ヒラメ顔だったらしいですよ-『新選組読本』

ここでは、「沖田総司って、ヒラメ顔だったらしいですよ-『新選組読本』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD知れば迷ひ 知らねば迷わぬ 恋の道」-by 土方歳三

ひっくり返りました、これ読んで(爆)

これ、友達から借りてる浅田次郎『新選組読本』で、黒鉄ヒロシ氏と対談する浅田氏が紹介してる土方の俳句でございます。この他にも、沖田総司はヒラメ顔だったーー。とかとか、あんまり新選組のことをよく知らない私でも笑いと゛へぇ~゛を連発しながら楽しく読了できました。

この゛新選組読本゛は、『壬生義士伝』と、『輪違屋糸里』の誕生秘話や取材エピソード、対談などで様々な角度から新選組に迫る配慮がされています。私のように、上記2冊読んでなくてもOKでございましたよ。

でも私がこの本の中で一番気に入ったのは、作家の生い立ちが語られている部分。著者の語り口も絶妙だけど、ご両親のキャラ(?)と人生そのものがまさに小説、いや映画そのもの。「銀幕の父母」、必読でっす。

でもって、この『壬生義士伝』ですが、これも映画になってるんですね。渡辺謙主演でドラマにもなってるそう。こちらはユーチューブで視聴できます
-----------------------------------------
DVD日曜に、喫茶店で読書としゃれこもうー!と相方にも本を一冊持って行くように言ったのですが。。

パソコン抱えてました。。(汗)

ということで、文庫とパソコン持ってゆっくりできそな所を探し町を徘徊。

が、パソコンを開けそうなとこは見つからず。だったので、つい先日、イタ友3人と共にした食事後に、ひとりのイタ人が、「マックの゛マックフルフル゛はイタリア人も納得の味なのダー。おごるから、行くべしマック~」と嫌がる私&他2人のグルメイタ人たちと共に、閉店間際のマックへすべり込んだのでした。

2階席は空いてて長居OK。文句ぶーぶーだった他のイタ友も、「まっ、いいんじゃない」と及第点。でしばし夜の人気のないマックで歓談したのでございました。

ということで、イタリアンな喫茶店で過ごす午後の昼下がりは断念し、嫌がる相方をマックへ連れ込み、先日知った2階席へ行き悠々と席ふたつを占領させていただきましたです。で、相方はパソコンで仕事。私は新選組を読了。

どお?一杯お茶してゆっくりするにゃ、悪くないでしょ。席料取られないし」と相方に聞くと、呆れた顔を私に向けて、またパソコン画面へ。

意外に侮れない寛ぎスポットを発見してしまったと思うんですがねぇ。。

と、マックシェークを頼んだのですが。。ストロー太すぎ、ですよね。。

※イタリアの゛バール゛と呼ばれる喫茶店は、立ち飲みと席で飲むのとでは値段が違うことあり。席に着くと゛席料゛を取られるところもあるのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/189-972c913e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。