今日のココロ鷲づかみ(10)-『無料にしてレベル高しなコンサート』

ここでは、「今日のココロ鷲づかみ(10)-『無料にしてレベル高しなコンサート』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD自宅から歩いて5分の写真にある教会で恒例の無料コンサートへ行ってきましたです。

ザ・無料

でもレベル高いのですよ。

前回は、約3時間に及ぶバッハの『マタイ受難曲』を拝聴して、ドドーォンと人生のツラサについて、苦難についてなどなどをウラウラ考え込んでしまった私ですが、今回はヘンデルの『メサイア』でございまして、参った・シビレタ・楽しかったーー。とスキップして帰途へつき、良い夢みさせていただけました。

このメサイア、あの超有名な゛ハレルヤ゛をはじめとして、華やかな旋律の多い曲なんで、曲を知っている人は尚のこと、ハレルヤ以外は知らん。という人も全曲楽しめマス。

演奏はですね、゛シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム゛。指揮はオルガンもお弾きになるリリングさんでございました。

実は10年以上前だったかしらん、友にタダ券もらって日本で聴きに行ったことあるのですね。このとき、時間にエー加減な友が大遅刻して半分聞き逃したんですが、かなり良くて記憶に残っていたのでありました。

先日のコンサートもメリハリ効いた構成にオケ、合唱そしてソリストとのバランスも良く、合唱なんかノリノリでございましたよ(笑)。会場である教会内は隅々まで音楽が響き渡り、なんとも心地よろしな演奏会でございました。

これ、無料。

こういった高いレベルの芸術を誰でもが望めば身近に接せられる機会があるってのは、良いな。と思いマス。お寺や神社でも日本の伝統音楽の演奏会をバンバンやればいいのになぁ。と思うんですが、やっぱ難しいんですかねぇ。どーでもいいんですが、お寺の子どもさんで西洋音楽やる人って多いんですよねぇ。なんで邦楽じゃなくて、西洋音楽なんですかねぇ。。不思議。
------------------------------------------------------------------------------
GACHINGERKANTOREI
STUTTGART
BACH-COLLEGIUM
STUTTGART

Jutta Koch( soprano)
Okka von der Damerau( contralto)
Brenden Gunnell( tenore)
Michael Nagy( basso)

Helmuth Rilling( direttore)

a 250 anni dalla scomparsa di Georg Friedrich Hàndel

そうそう、写真はコンサートの翌日に通りがかったときに撮りました。写真に写ってるヴァイオリンのお兄ちゃん、下手だったなー(笑)。ヴァイオリンケースには一銭も入ってませんでした。練習しないとっ(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/207-adc48de6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。