カワユクてちょびコワなお江戸ファンタジ-『しゃばけ』

ここでは、「カワユクてちょびコワなお江戸ファンタジ-『しゃばけ』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVDえっ、虚弱な和歌だんなと妖怪コンビが猟奇事件を解決!?-畠中恵『しゃばけ』帯より

江戸をこんな風になんとも幻想的に描いた小説を読んだのは初めてでございました。

表紙のイラストも内容と合ってて、かわいいんだけども、ちょびっとコワいがほどよく溶け合った良作。活字を読まない人や子どもさん、そして大人まで楽しくさらりと読めるんじゃないでしょか。

時代小説の大御所たちの文章に比べると、ちょっと物足りなさも感じますが、今までになかったアイデアや個性的な登場人物たちの活躍が文章云々を補っていて、楽しく一気に読ませてもらいましたデス。

なんかちょっと間抜けな妖(あやかし)たちと人間の交流、今の時代がちょっと失いかけてる人情もしっかり描かれていて、なんだかホンワリ。

でもこれだけなら江戸ファンタジーで終わっちゃうんですが、猟奇殺人事件がこんなほんわか集団を巻き込み、人間と妖が協力して解決に乗り出すっていうんですから。。読ませマス。

これ、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞作品。人気もあるみたいでシリーズ化されてますね。これはシリーズ一作目。

なんともかわゆいイラストがタイトルになってる゛しゃばけ倶楽部゛なんてサイトもございます。イラスト見てるだけでもなんだかホンワカ。ちょっと探したら、やっぱりテレビでもやったようです。ココから小説冒頭部分が映像で見れまッス。良かったらドーゾ♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/212-fb04bdac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。