『ヨーロッパ書籍交換マップ』の参加者ボシュー

ここでは、「『ヨーロッパ書籍交換マップ』の参加者ボシュー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年に頓挫していた、『ヨーロッパ書籍交換マップ』計画を突然思い出しました。

ちょびちょびとではありますが、書籍ケツボー症の日本人が点在することを知り、なんつーか旅行した際なんかにでも旅の楽しみついでに日本語書籍交換なんてことも良いかも。と思ったのでした。

でもって、取り合えずこんな感じでグーグルマップを使ってつくってみました(いや、放置してたんだけどね)

Visualizza ヨーロッパ書籍交換マップ in una mappa di dimensioni maggiori

もしこの地図に参加しても良いな。と思う方いたらコメント(鍵コメOK)くださいまし。

コメント必要事項
1)交換可能な場所
2)ハンドルネームなりお名前
3)連絡先(メルアドやミクシィのページ、ブログをお持ちなら、ブログURLなど)

当然ですが、自己責任つうことになるんで、載せてOKな連絡先を。

ほかには、貸し出しの不可やどういった本が交換可能なのか。というところでしょうか。グーグルマップのコメの文字数がどのぐらいか分からないんで、もしブログをお持ちの方は、ブログにそういった詳細情報を記した記事を書いてそのURLを貼っとくといいのかなぁ。とも思います。私は貸し借りは、直接2度会う機会が持てる人のみで、あとは差し上げてマス。そのリストとしては、ブッククロッシングを使ってます。こういったことに活用するのに、ブクログなんかも良いかもッス。

もし送付可な方は、住所を教えあったり、送料などに関してもあるかと思いますが、その辺も自己責任ってことになるので、いきなり初回のやりとりで。ってよりは、数度のやりとりを通して。ぐらいの方がいいかと思いますんで、そういうとこを付記される方はちと考えて。がいい感じでしょうか。

あと日本語書籍が入手できる本屋や場所情報のみならず、イカシタ本屋なぞの情報(何語でもOK)もあったら地図に載せて共有できたらいいなぁ。とも考えているので、そういった情報もううぇるかむ。

もちろんイタリア在住者のみならず、ヨーロッパにお住まいの日本語書籍欠乏症の方も大ううぇるかむでございマス。

こちらへいらっしゃる日本人旅行者の方も、この地図を見て、機内で読んだ本と現地にて交換して帰国の機内で読む。なんてのもありかもと思いますんで、ヨロシクっす。私はJALの機内誌好きなので、よかったらお声かけくださいまし。

ということで、ゆるゆると気長にジミーにやっとりますんで、よかったらコメントよろしくッス。

あっ、もち「こーしたらイイ」なんてのもありましたら一言いただけるとウレシでございマス。

※本の売買情報は今のとこ考えてないので、無料の貸し借り、交換のみということでお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/222-0ce7113d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。