時と性をまたぐ人-オルランド

ここでは、「時と性をまたぐ人-オルランド」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Amazon.co.jp: DVD: オルランド 特別版

ヘンデルのアリア集をパラパラ捲っていたら、「オルランド」の文字が目に入り 「そういえば前に見たなぁ~」と思い出し見直してみると、今更ながら気付くことがあって、面白くみれましたです。

この映画って原作がヴァ-ジニア・ウルフで、監督がサリー・ポッターなのですね。それと、タイタニックでは、深窓令嬢にしてプチダイハ-ドな演技を披露してくれ、ブルース・ウィルスも一目置いているのではないか?と思われるケイト・ウィンスレット。彼女の婚約者役で、嫉妬深く、如才のなさで生き残る俳優さん(名前忘れました)が、ゲシイモミアゲを持つ南米男として出演していたのも個人的には出色でありました。

んなことよりオルランド。。。
なんてったってオルランドは長生きです。この映画では、彼(途中から彼女)の約400年分の人生を見られるのですからお得感タップリ。しかも英国貴族ということで、華やかな衣装の変遷を美しい映像で目にできるのも、衣装フェチとしては感涙ものです。

特に気に入っている場面は、朝起きたら男から女に変わっていたんですね。
でもオルランドは平然と「性が変わっただけで同じ人間だ」とすんなり受け入れてしまう。(朝起きてになってたら、また違っていたと思いますが。。。)でも社会はそうはいかない。この辺も面白いナ。と思ったのですが、女になることによって社会的には理不尽な扱いを受けることになるのですけど、精神はなんだか自由になったようで、生き生きしていました。更に、南米男との間に子まで成してしまいます。

精神の上での男と女のホントの違いと境ってなんなんでしょうね。。(やっぱり、精神と、性を纏った肉体というもののしがらみは、切っても切り離せないものなのでしょうか。。。いや、社会とと言うべきか。。。う~ム。。シロウト思考では、頭がこんがらがりますね)

最後にですね、かつて自分が住んでいた、今は観光地と化した城を訪れ、数百年前の男だった頃の自分の肖像画を子供と見る気持ちとはいかなるものなのでしょうか。どんな感慨が湧くものなのか。。。気になるなぁ。

映画で感じたハテナ、原作ではもっと説明されているのかしらん。。。
なんだか、原作の気になる映画でありました。
ヘンデルのオペラ「オルランド」は、アリオストという人の「オルランド・フリオーソ」というのが原作なそうな。
この「オルランド・フリオ-ソ」、ほかにヴィヴァルディをはじめ、いろいろな作曲家が台本に使ったということであります。こちらもいつの日か、一読したい一冊です。※「オルランド・フリオ-ソ」、日本語訳では「狂乱のオルランド」って言われてマス。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/29-12989c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。