クラくないミサ曲、聴いてみませんか?-「雀のミサ曲」

ここでは、「クラくないミサ曲、聴いてみませんか?-「雀のミサ曲」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教会で、小ぶりのオケと合唱でモーツァルトのミサ曲のソロパートを歌ってきましたです。

ゲッ、間違えたしぃぃぃ。。」と出番が少ないのにもかかわらず、ややコケしてしまった自分にココロの中でダメ出ししながらも、歌いきりました。ほっ。。

教会のフインキが良かったのか、ヘタさをゴマカスには最高の音響(?)だったのか、アンコールの声がかかっとりました。

よ、よかった、教会で。。」ホッと胸を撫で下ろした一夜でありましたです。

まぁでも、なんて言ってもやっぱり曲がすんばらしかったんでありますね。

短いながらも、熱いッス。

ミサ曲なんて言うと、シ--ンミリドヨン。。ってイメ-ジを持ってる人もいるかしらん。と思うんですけど、結構あっつい音楽だったりします。

で、歌詞は、ザ・ラテンゴッ

昇天間違いありません。。(エッ?)。というのは言い過ぎですが、その響きの美しさは特筆に値する言語のような気がします。そんでもってモーツァルトは、合唱の使い方がエラク上手い人でありまして、合唱+ラテン語でガガンと歌われるとクラッと来てしまうこと請け合いデス。たまに、゛神の領域゛入っている気がします。分かり易く言うと、゛イッちゃってるね゛ってとこでしょうか。でも一時モーツァルトのミサ曲は批判の対象になっていたらしいッスね。ミサで演奏される曲にしては、華やかすぎる。ってのが原因らしいです。

ミサ曲と呼ばれるものはこの世にゴマンとありますが、モーツァルトのミサ曲は間違いなく現代において最も演奏される機会が多いんじゃないでしょか。華やかにして荘厳、そして短いミサ曲もあったりします(曲の短いものは、ミサ曲の依頼主がミサを短く終わらせるために短く作曲するように依頼したから。。って話しもあったよなぁ。。うろ覚え。。)

ミサ曲やクラッシックって言葉を聞くだけで、「ゲゲッ、クラソー、オカタソー」ってなイメージ持っちゃってる人にも聞きやすいと思いますです。

信仰のある人もない人も、゛神゛に触れさせてくれる(?)音楽であります。

ちなみに、私が歌ったのは、『Missa in C Spatzen-Messe KV220「雀のミサ曲」と呼ばれるものです。短く華やか。よかったら、ドゾ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本でもちょっとしたガッコーの建物に飾り文字でラテン語でなんちゃらとか書かれてて、「~っていう意味」とかいうのが分かると、ほおぉ...とか思ったりします。

「雀のミサ曲」、今度聴いてみたいと思います。そう、ミサ曲っていうと、マタイ受難曲も同じカテゴリーに入るのでしょうか?わたしのお気に入りは75番のアリアです。シゴトでヘコんだ日の帰り道に新橋界隈を歩きながら聴くと、ミョーなミスマッチでけっこうハマります。
2006/06/17(土) 23:55 | URL | shiba #-[ 編集]
ちょっと分かるだけでも、「ほおぉ」って思っちゃいますよね~。なんというか、ココロ惹かれる言語デス。

と、マタイを新橋界隈を流しながら聴いてらっしゃるとは、シブイッ!!そして、ヘコんだ時に聴きたくなる気持ち。。分かります。。なんかドップリ、きますよね。。75番。。うぉお、すぐにどんなだったか出てこない。。(汗)。。聴き直してみます~。ちなみに私は「エ~ル、バァァアルメ、ディイッヒ」って曲が好きですね(こんなんじゃ分かんないですよね。。スイマセン。。)

と、と、マタイ受難曲は、オラトリオってやつになりますね。オラトリオって、簡単に言うと、宗教版オペラって感じでしょうか。でも演技や派手な衣装ってのはないですが。。で、キリストさんの生涯を描いたものは、オラトリオとは呼ばず、受難曲と冠します。ミサ曲は、教会のミサの時に演奏されるやつですね~

「宗教曲」って大きく括ったら、同じカテゴリ-でもイイんかなぁ。とも思いますが、もちょっと目をこらして見ると、やっぱり少しカテゴリ-が違いますね~。なんかこの辺は色々あるんですけど、怠慢な私はサラッとしか勉強してないんです。。(汗)。。
2006/06/18(日) 22:17 | URL | zefiro04 #-[ 編集]
前の記事へのコメントですいません。話題的にはここがいいのかなと思ったもので。ご存知かもしれませんが、「青空文庫」の音楽版サイトを見っけました。

その名も「Blue Sky Lable」。青空文庫に共感した人(たち?)が運営しています。登録申請をして、IDとパスワードをもらうと、日本の法律上で著作権の切れたクラシックをMP3ファイルでダウンロードできます。さっそくカザルスの無伴奏を手に入れて聴いております。

たまたま検索してて見つけたんですが、かなりスゴそうなのでご紹介しておきました。
2006/09/26(火) 23:00 | URL | shiba #-[ 編集]
すいません、URLを忘れてましたね。

ここです→http://www.yung.jp/

zefiroさんのことだからご存知かとは思いましたが、念のためということで。失礼しました。
2006/09/26(火) 23:02 | URL | shiba #-[ 編集]
おぉ、shibaさん、知りませんでした~。教えてくれてありがとうございまッス^^

青空文庫には久しく寄ってないんですが、なんだかイイ感じに活動が広がっているんですね。で、早速寄らせてもらいましたっ。年代別に作曲家が紹介されていたり、紹介文も簡潔で見やすくって気に入っちゃいました~。これからもっと内容も充実して行くんでしょね。楽しみっ。

と、カザルスの無伴奏ですか。シブイですね~。私のカザルス愛聴版は、故ケネディ大統領主催の、ホワイトハウスでのライヴ録音です。色々な意味があったコンサートのようで、こういったことに疎い私ですが、勝手に思いを馳せて聴いてみてマス。そういえば、随分聴いてなかったなぁ。なんだかshibaさんのコメント読んで、久々に聴きたくなっちゃいました~^^
2006/10/05(木) 20:07 | URL | zefiro04 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/49-de873d71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。