昇る人、昇りきらずに終わる人-『祇園の教訓』

ここでは、「昇る人、昇りきらずに終わる人-『祇園の教訓』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Amazon.co.jp:祇園の教訓―昇る人、昇りきらずに終わる人: 本おもしろかったです。

が、

文章が。。なんだか疲れてしまいました。。

祇園の元芸妓さんが書いた本です。簡単に言えば、花柳界でのことが綴られていますね。その辺のことに興味のある私にはとても面白く読ませてもらいました。そしてこの本は、そういったことに興味のない人にも面白く読める。と思うのですが。。

いかんせん文章が。。なんか疲れちゃうんですよね。。

とめどなくつれづれなるままに書いてみました。って感じでしょうか。でもって、花柳界の専門用語的なものや、特別なものについて、説明してみたりしてなかったり、微妙な統一感。「う~ム。。」と唸ることしばし。。で、多分、執筆中にフッと浮かんだであろうエピソードが前後と違和感あるよなないよな感じでポコリと出てみたり。。面白いんスけど、もちっと゛読ませる゛文章にしてくれるとウレシイなぁ。とは望みすぎなんでしょかね。と、やっぱり女性なんですね~。と思わせるよな、ちょっと私自慢な文章もチラリホラリ。。やっぱりそれも面白いんですけど、「ここで別に出さなくてもいいんじゃないのかなぁ。。」って思わせる書き方は、「書きたかった、のね。。」と微妙なオンナゴコロをナナメに読んでしまいましたです。そんなモン、ドーデモいいやん。ってもんかもしれませんが、折角面白いんだから、それなりの文章で読みたいなぁ。と欲が出てしまったのでした。

●こちらが悪くなくても謝る場合もあります
●一流の男性ほど子供の教育に手を抜きません
●十五分で初対面の人の気持ちをほぐします。。などなど

本屋で目次だけザッと目を通して興味ひかれて購入した人も多いんじゃないでしょかね。表紙の写真も中々キレイで惹かれマス。

なんか「なんだかなぁ~」なことも書いちゃいましたが、まぁ、買ってソンはない一冊ではあると思いますです。

でも個人的には、『芸者―ライザと先斗町の女たち』の方が、一気読み爽快感を得られた気が。。したなぁ。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/53-50b8681a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。