江戸ちょいポルノ捜査網-『御用牙1』

ここでは、「江戸ちょいポルノ捜査網-『御用牙1』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
goyokiba.jpgなぜか勝新太郎が見たくなって、『御用牙シリーズ』第一作目を見てしまいました。

勝新太郎扮するカミソリ半蔵は、江戸の北町奉行所の下っ端同心。優秀ですが、やりたい放題。彼の捜査スタイルも破天荒です。何が凄いって、普通だったら絶対訴えられてるヨッ!!というよなセクシャルハラスメント(ゴーカンか?)で女関係者たちから情報を得。。って、江戸ちょいポルノ捜査網。って出来でありました。

こんなゴーカンまがいな事をしてもOKなのは、映画の最初の方に出てくるダンセイ器強化訓練の賜物なのかもしれません。そして、武術の訓練も他の武士モノとは違います。さすが勝新です。

なんと言うのか分かりませんが、ヘビメタ兄ちゃんたちがよくつけている、手の甲に鉄状のトンガッタのがついているもので拳パンチを喰らわす時に破壊力が増すシロモノを使い(なんていうの、これ?)、自宅の庭に立っている石仏像をパンチしながら倒していったりしてました(いやはや、バチ当り(笑))。倒した石像を部下の蟹江敬三、草野大吾らの曲者俳優たちがケナゲに元の場所に戻しているシーンもちょい笑えます。

そういえば、朝丘雪路が小判の女体盛りなんかもしてました。体当たり演技ですなぁ。

で、結局スッキリ事件解決とかいう感じではないのですが、勝新の存在感と「なんじゃソレ?」感に圧倒されて、「まぁ、いいか。。」と妙な爽快感を残してくれた一本でありました。

軽い気持ちで見ませう。笑えます。良かったら、ドゾ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/56-c055c2da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。