死者と生者の交差点-『ネクロポリス』

ここでは、「死者と生者の交差点-『ネクロポリス』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
necropolis.jpg


帰国後すぐに向かったのは、モチ図書館。

家から自転車で10分。小学校の教室の半分くらいの広さの小さな図書館。作家50音順に本が並ぶも単行本コーナーは表裏使える棚ひとつのみの小さな図書館。選択肢はほとんどナシ。ってことで、向こうでは中々読めないよな厚い本を選ぶことに。

厚くて面白くて1週間ぐらいで読みきれるモノ。

恩田陸『ネクロポリス』。1冊400ページ前後の上下巻を選んでみました。

ウダる暑さの中、読むはネクロポリス。日本語に訳すと”死者の町”ってとこでしょか。名選択であったナと読み終わって頷くことしきり。

生者と死者、日本とイギリス入り混じる不可思議な町のアナザーヒルで繰り広げられる”ヒガン”の物語(この”ヒガン”、もち”お彼岸”からつけた言葉)

摩訶不思議、満載デス。

恩田陸、もしかしたら”ポスト荒俣宏”を狙えるカモ(笑)。なんて思っちゃたんですけど、どうでしょか。

世はお盆休み入る入らないな8月12日未明に約800ページ読了。3日から読み始めたから、約一週間ですな。満足。下巻は11日夜に読み始めて寝ずに一気読み。

そうそう、相方が友達のイタ人に「日本人てさ、涼を得るために夏はオバケ話しを聞いたり、お化け屋敷行ったり、百物語したりするんだよーー」と語っとりました。

イタ人、バカ受け

日本人って、想像力あるよねーー」だそうで。。

そうですよ。日本人の想像力はスゴイんですからっ(笑)

暑くてウダる夏に、暑さを忘れさせてくれる(そんなコワクはないけどね)、摩訶不思議な生者と死者の物語。折角なら、お彼岸に読みたい気もしますが、お盆に読むのも中々たいむり~、でございマス。
写真は、温泉はいって極楽気分の中、好物の唐揚げつまみながらネクロポリスを読み耽るの図。嗚呼、ゴクラクっ(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
2009/07/24(金) 10:43 | URL | 藍色 #-[ 編集]
藍色さん、こちらこそありがとうございます。

トラックバック、送らせていただきました^^
2009/09/02(水) 06:31 | URL | zefiro04 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/66-47616bf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
懐かしい故人と再会できる聖地―アナザー・ヒル。 連続殺人、不可思議な風習、天変地異、そこに新たな事件が。 上巻はいろいろな事件や登...
2009/07/24(金) | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。