世紀のご対面-『Una visita a Beethoven』

ここでは、「世紀のご対面-『Una visita a Beethoven』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
wagner.jpg
絶対、笑います。
絶対、笑えます。

笑かそうとしてるとしか思えません。

あのワ-グナ-が、”ベ-ト-ベンに会いに行こう旅”の珍道中(?)の模様を後年に自身の手によって著した作品。

途中、当時のベ-ト-ベンがそのシツレ-さで嫌っていたというイギリス人と一緒になり、ベ-ト-ベンに会うために、いかにイギリス人をまくかに頭を悩ませるワ-グナ-。。ベ-ト-ベンに会って、自身の口から第九の構想を聞き、そのスンバラシサに、思わず跪いて泣いてしまうワ-グナ-。。

全部マジです。シラフです。

やっぱワ-グナ-、何にしても大げさですわ。

濃ゆい、濃ゆ~い短篇でございマス。
最後に、このシツレ-イギリス人から、イタリアへロッシ-ニに会いに行こう。と誘われるのですが、生涯でベ-ト-ベンに会えただけでもう十分!。ってなことを爽やかに返すワ-グナ-。

って、アンタ、ロッシ-ニに会いに行ってるじゃん。

そんなツッコミ入れてもみたり。。

ワ-グナ-の音楽はあんまし好きではないですが、彼の人生には興味アリ。ホント、めちゃくちゃやりたい放題ですからね。この大げさで節操ナシなこの人、面白いです。

軽~く読めマス。原語はもちろんドイツ語。

オススメです。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/71-ebbdc8c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。