『Shantaram』

ここでは、「『Shantaram』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Amazon.co.jp:砂の女 特別版: DVDこの方の記事を読んで、久々にモーレツ読書熱再燃。

日本語訳はまだ出てないとのことですが、あったとしても日本の彼方に住む身で日本語訳入手は難しいしなぁ。。と潔く母国語はあきらめ、イタ語訳はあるかとググッてみたら。。あるではありませんかっ。

でもまだ読みかけが200ページも残ってるしなぁ。。

なんて悩みに悩むこと一昼夜。゛でもやっぱ、気になる。。゛と、家から徒歩1分の本屋へ突撃いたしました(笑)

いざ本屋で手にとってみると、総ぺージ数が1000ぺージ超えてマス。。(汗)

イタ語でこのページ数はキツイけど。。読む価値アリ。と判断→購入。

shibaさんのブログによると、文章もカッコイイそうな。

最近、やっぱ英語できたら世界広がるよなぁ。。な体験しきりなので、この本で゛原語で読みテー゛なんて思えるほど面白かったら、英語勉強し始めちゃうカモ♪なんてそんな期待も膨らみつつ、さて読書始めたいと思いまッス。

余談ですが。。
その昔、これ系の友達がおりました。ここまで破天荒ではありませんでしたが、ひとりジャングルにこもってコブラと対決してみたり、インドでどこぞの地下に連れ込まれてキケンな目に遭ってみたり。。

もしかしたら、日本版が出ることもあるかも~。なんてチラと思ってみたりもしたのでした。って、そんな友、今はドーシテるんだろなぁ。。ちょっと遠い目、しちゃってマス。。
これ、ジョニー・デップで映画化決まってるそうです。
あらすじ読む限り、shibaさんオススメのヴィゴ・モーテンセンに私も一票!

それにしても最近、ジョニー・デップ、パセリ化してて少しありがたみ薄れてきてるのは私だけかしらんねぇ。。

※パセリ(イタ語でプレッツェーモロ)。パセリはどこにでもある。とってもとってもすぐ生えてくる。なんてとこから、どこにでもよく出てくる人のことを゛プレッツェーモロ゛なんて表現しますね。日本語だと何になるんだろなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すみません、TBしていただいた記事にコメント欄がなようなので、こちらに書かせていただきます。TBありがとうございました!

Shantaram、買われたんですね。何だかとてもうれしいです。アマゾンでスペイン語版があるのは知ってましたが、イタリア語もあったとは...。でも、「『インド訛りの英語のセリフ』をイタリア語で読む」と、どんな感じになるんでしょうか?インド訛りのイタリア語ってあるのかな。すごく興味のあるところです。

こちらはいよいよクライマックスにさしかかったところです。読んでる途中でコメントされたいこととかあったら、いつでもこちらに投げてきてください。でも、日本人2人が同じモノを英語とイタ語で読んで、それについて日本語で話すってのも、なかなか面白いかもしませんね。
2008/04/16(水) 20:08 | URL | shiba #LU1eY3Us[ 編集]
shibaさん、コメントありがとうございます!!

なんともカナシーことに、入るコメントはエロばかりなり~。ってなことで、コメント欄を閉めていたのでありました。

折角、shibaさんからコメントいただけたってことで、こちらにコピペしてコメを移しました(勝手にスンマセン。。)

と、Shantaram、shibaさんの記事読んでメチャクチャ読みたくなって買ってしまいました。他の本もまだまだあるってのに、衝動買い(笑)。

とにかく今読んでる本を終わらせてから。。なんて言いつつもチョロリチョロリと浮気しながら読み始めました。まだまだ始めの部分ですが、ボンベイの雑踏とか匂いとかとか。。うふふふ。。って感じデス(←なんか分かんなくてスンマセン。。)

インド訛りの英語のセリフ、イタ語だとどうなるのかしらん。。多分、私のヘボ語学力だと筋を追うだけでやっとだと思うんで、そこまでは分からんカモ(?)。。でも分かったら楽しいっすね(そうそう、あのロベルト・ベニーニがイタ語訛りの英語を話す映画があったと思ったのですが。。う~む、題名思い出せず。。)

>日本人2人が同じモノを英語とイタ語で読んで、それについて日本語で話すってのも、なかなか面白いかもしませんね。

ほんとですね^^
なんか不思議な気がします。遅読なもんで、話しができるほど読み進めるには時間かかりそうですが、忘れたころに、コメント入れさせてもらうかもです。
そのときは、よろしくです♪
2008/04/16(水) 20:33 | URL | zefiro04 #DKE0OAoc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zefiro04.blog4.fc2.com/tb.php/75-938b9344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 「Shantaram」読了...っと、「読」って書くのはちょっと憚られるから(マジメに辞書に当たってないので)、「眺」くらいか。なんと言うかこう、わぁ~んという余韻がまだ残ってる感じがしてます。zefiro04さんがこちらの記事でこの本を紹介してくださってて(TBありが...
2008/04/24(木) | shiba\'s scope
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。