Bookcrossing

ここでは、「Bookcrossing」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD以前に何冊か読んでそこそこ面白かった記憶アリだったので、これまた先日のミラノで目についたついでに購入してみました、坂東眞砂子氏の『蟲』

一言で言えば、期待ハズレ。残念。。な一冊。

妊婦さんの不安定さや、「よくいるよね、こういう女性」な心情がねっとりとした通奏低音がごとく描かれているのと、気味悪い゛蟲゛も絡みで、なんとなーく濁って湿った空気感とかは、まぁホラー。ではありましたが、なんか中途半端やなー感は拭えずでございました。でもときどき絵的にホラーかも。な表現には才を感じちゃったりしたことも確か。

作者の坂東眞砂子女史は、イタリアでインテリアデザインを勉強してたんですよね。日本の土着ホラー(?)←勝手に命名。っぽいのを書く作家さんとしてはちょっと異色な経歴だよなぁってのと、猫殺しで一時話題になってたことで記憶にインプットされとりましたです。

この『蟲』読んで、そんなこんなを思い出したので、ちょっと経歴なぞググッてみたら、ちゃんとミラノ工科大で2年間留学してるんですのね(なんちゃってとかかもなぁ。。なんて思ってたのですが。。スンマセン。。)。でもって、自称・詩人さん(??)とタヒチでロハス生活(?)してたことあったりとか。。

全然、ニッポン土着ホラーなイメージないんですけど。。

いやはや面白いですよねぇ。でもって、発言とかからちょっとイッチャイ気味(?)な印象アリなとこもやや惹かれマス。で、「すべての男は、私だけに夢中になってほしい」なんつうこともおっしゃってたりされるようで、さぞや外見もブッ飛んだハッデハデな方というか、気合い入ってんだろな。とネットにてご尊顔を拝したら。。

のけぞり、ました。。

あまりにも期待を裏切られて。。
(なんというか、勝手ながらの私の印象では、源氏物語の末摘の花の君がすぐに頭に浮かびました。。末摘さんが、ロハスに詩人とタヒチでミラノでデザインで子猫殺しでホラーで蟲で死国でそれからそれから。。)

スミマセン、混乱してマス

作品から受けるイメージやマスコミからの情報、たまたま見たお写真などなどとのギャップの差から、「一体、この方の中にはどんな感性が同居しているのか」。。なんてことがスンゴイ気になってしまいます。

日本帰ったら、エッセイとか探してみようかしらんね。

こちらもブッククロッシングで。旅程はココからドーゾ
DVD綾辻行人作品は、数年前に一度読んでかなーり自分的にはハズしてる作品だったので、それ以来ご無沙汰しとりましたが、最近ミステリなんてのを読むようになり、特に和製ミステリの解説なんかにはこの作者の名を頻繁に目にする。つぅことで、先日のミラノでお目にかかりついでに購入。

読み始めて「しまったーー」と思ったのは、この『人形館の殺人』゛館シリーズ゛四作目だったのですよ。やっぱりこういうのは、最初から辿らんと。。ねぇ。

このシリーズは中村青司という架空の建築家が手がけた建物で起こる殺人事件を島田潔が謎をといてゆくストーリー。んで゛館゛が絡むんで館シリーズ。建築家の癖みたいなのも絡むんで、最初から読んでナンボ感がございました。

でもこの『人形館の殺人』は前三作とは異なっとりましてね。。ふふふ

そういや建築と探偵。なんてのには、篠田真由美氏の桜井京介シリーズなんてのもありましたね。こちらはいつも同じ建築家ではないのと、どちらかといえば、殺人事件+建物に込められた人の想いも読み取って行く。という印象でしたです。

ミステリで建築。と一言に言っても、作者さんによって随分味付けが変わるんで、そういうとこを読み比べてみるのも面白いですよねぇ。

そうそう、この人形館を読み終わってから、ポワロの『アクロイド殺人事件』のサイコ版か。と数少ないミステリ読書体験から思ってしまった次第ですが。。っていうのは多分早計で、ちょっと手法が似てるとこあった。ってダケ。でも、新本格派ミステリーなんて括りもあるようなんで、゛カタ゛みたいなのはあるのかもです←定義は曖昧みたいですが。。

まだまだ全然読書量も少ないんでなんともですが、ミステリって分野にはお作法というか手法みたいな大枠があるんでしょーか。それぞれの作品はもち違うんですが、枠組みみたいなのは似通ってるのもチラホラ。。

もうちょっと量を読みこなしてみたい分野、ミステリでございマス。

これもブッククロッシングで旅立たせる予定。旅程はココから見れます。
DVD開高健の名前を初めて知ったのは、開高亡き後、娘が自殺をした。というのをラジオで聞いたのが最初。

その後、どんな父親だったのか気になって、図書館で探して一冊だけあったのが『知的な痴的な教養講座』でございまして、これがスンゴイおもしろく、タイトルを裏切らず゛知的な痴的な゛一冊で、一気読みしてしまったのでありました。

結局、どんな父親だったかは分からんかったのですが、非常に機知に富み博識でバイタリティのある魅力的なオッサンだったらしい(?)ということは分かった(?)のでした(随分前に読了した本ですが、今だにいくつかの話しは「おもしろいナー」と思った記憶とともに残っているので、再読希望な一冊でもあります)

それから開高にハマったかと思いきや、なぜだか私の行きつけだった図書館にはなく&古本屋にもなく(←ビンボーだったんで、楽譜以外の趣味書籍は古本。あっ、今もビンボーさはあんまし変わりませんが。。)、ということで、そのまま時は流れ、国は変わり。。。
DVD
なぜか突如として本棚の片隅にて、生涯2冊目となる開高健の『ロマネ・コンティ・一九三五年』を発見。多分、友達からドカッと本をもらったやつに紛れてたんだとは思いますが。。う~ム。。まっ、でも。。

運命??

というか、日本語書籍も手薄になってきたしで、手に取ってみた次第。

知的~とはまた違った印象、なんというか人の営みとかジンセイとか、うまく言えませんが、゛陰影゛ってのが色濃かった気がいたしました。そして、相変わらずの博識っぷりと雰囲気アリな文章。。

これには六つの短編が入っててですね、なんか「はい、おもしろかったデスまる」みたいにハッキリこうこうこうでした。と私には言えない、というかうまくガチッと捉えられないんですが、なんかこう、「分かるなぁ」と小説に流れる雰囲気に気持ちが添うことはできた気がいたしましたデス。

゛難しい゛小説ではないけれど、多分、イマドキの分かり易いものに慣れてしまっている人には、ハテナマークが浮かぶ類のものかもしれないなぁ。と思ってもみたり。

そういや最近は、分かり易いイマドキのものを多く手にとっていた気がしますが、本来はこういうの好きで学生の頃とかは読み漁ってたなぁ。。なんて思い出しましたです。そうそう、映画も分かり易いのより、うまく捉えられないけど、その後ろにあるナニカを探す系が好きだったのでした。。

オメーが好きな映画って、ヒットしないよなー」なんて言われてた当時(笑)。このロマネ・コンティは売れたんでしょうか。ちょっと気になってもみたりです。
DVD来週中までにどーしても読み終えてなきゃイケナイもんがたまってるんで、自宅軟禁状態でヤル気だけは。。だったのですが。。

こういうときに限って、ネットやりたくなったり。。で、「ちょっとダケー」と建築探偵・桜井京介シリーズなんてものに手を出したのが運のつき。。

ちょっとダケーがメインになってしまい、シリーズ中『未明の家』『翡翠の城』『原罪の庭』とほぼ一気読み。三冊とも400ページを超えるボリュームにも関わらず、ガガッと読みきってしまいました。

罪な三冊、でございマス。。

でもって最近、ミステリづいてるのか、今回は最後を読まず&大体伏線の張り方とか見えてきた気がするんで、「このセリフ、絶対ワケあり」、「矛盾アリ、怪しい」とかとか、ひとり推理の結果を確かめたくもあり、ページを捲る手とまらズ。DVD
登場人物のキャラも立ってるし、建築ネタも豊富で素人のタテモノ好きな私に(結構好きなんすよ)は頷きとヘ~がほどよくあり、建築シロートにも、ほどよい建築マニアにも楽しく読めるのではないでしょか。

そんでちょこっと感じたのは、面白いけど文章が。。時々、「同人誌っぽいなぁ」なカホリがしたんですが。。まぁ、そんなんはいーんですかね。。

と、勝手に三冊をランク付けすると、原罪>翡翠>未明というとこでしょか。未明の家は、ビッミョーな物足りなさを感じはしましたが、シリーズ一作目ということで、゛これから゛という人は、未明からドゾ。翡翠は建築ネタもふんだんに盛り込まれてて、建築探偵モノの面目躍如。原罪は、未明の約5年前の話なんで、前に読むもヨシ、後に読むもヨシ。登場人物たちの゛?゛だった出逢いなどなどが全てではないけど明かされとります。この三冊中では一番内容が濃かったすよ。

このシリーズの良いナ。と思ったとこは、登場人物たちが年を取って行くってとこでしょーか。そんなミステリ+な要素がシリーズを追いかけたくならせてしまうのかも。

って、私は異国住まいなんで中々追えないんですけどね。。。とほほDVD

そうそう、翡翠の城のイタリアはヴェネツィア帰りの教授のセリフに、『南だろうと北だろうとイタリアはイタリアさ。阿呆なツーリストからごっそり巻上げる手口も、年々汚くなる一方よ』なんてのがありました。

スゲー笑ったのですが

作者の篠田真由美氏は、イタリアにしばらく滞在したことがあるのかしらん。それともごっそり巻上げられた経験あったりして(笑)

ブッククロッシングを通して旅立たせマス。どこかでお手に取ることあらば、ココに足跡残していただけると楽しいデス
DVD思ってたよりは薄味だったかなな、『黄泉がえり』

題名は絶妙!だし、題材も良いけど、なんかググッと来なかったデス。多分、最近ドドンと今までに読まなかった分野の本を読んだりと、オオーーってな感動があった中だったからかしらん。あと、『オーラの泉』をみたりした記憶が本作とダブったためかも(笑)

そんなこんなでなんとなく中だるみしながら読了。でも構成も良いと思うし、年代関係なく読みやすい感動作なのではないでしょか。

やはりこれも映画化されてるんですよね。未見ですが、キャストやストーリーを見ると、原作をベースに登場人物の設定やストーリもちと違うよう。話しは熊本で起こったことになっている死者が期間限定で蘇る現象を扱っているので、作り手側としては原作どおりというより、エッセンスはそのままに少し違った話しを作ってみたい気になるのかもな。と想像してもみたり。

なんていうか、映画つくったりを考えたとき、原作のストーリー以上に色々アイデアが湧いてきそうな気もします。今までにありそでなかった(?)、そしてあって欲しい物語。

 これもブッククロッシングを通じて旅立たせマス。縁あってお手元に流れついたら、ココへ一言メッセージなぞ残していただけるとウレシです。
DVD人からもらった本でなければ、装丁差別で手に取りもしない系の表紙ですが、最近ミステリづいてるのでカバーはずして(いや、そこまでせんでも。って感じですが、好きになれないのですよ装丁。。)、イザ、読書。

読み始めて気付いたんですが、この『丹後殺人迷路』って、有名な十津川警部シリーズだったんですね。解説によると、シリーズ第一作目とのこと。

表紙のゴルゴ13系の表紙から、かなりハードな内容かと思いきや、十津川警部と相棒の゛カメ゛さんこと亀井刑事との中年コンビが朴訥としたイイ味だしてました。

読む観光案内にもなっていて、中々楽しかったです。

欲を言えば、なんか上手く言えませんが、もうひと要素欲しかったナー。な印象。もうちょっとキリキリ舞させて欲しかったっていうか。。

でもサラッと読めるページ数とかも考えると、そりゃ贅沢な゛欲゛、なのかしらんね。
DVD先に読んだ、『幻夜』『容疑者Xの献身』に比べるとこの『変身』は息苦しさや緊張感は少しユルイかしらん。

多分、日記が挿入されてたり、ストーリー上、゛客観的な記述゛が多かったのでちょっと淡々とした印象を持ったのかもデス。それゆえに、のめり込んで息苦しくなるようなことはなくフツーに読了。

物語は今までありそうでなかった、でも多くの人がちらと考えたことのある゛もし゛が題材にとられているので、興味深く読んだ人も多いんじゃないでしょうか。

自分としては少し物語りとの間に距離を感じたんですが、人によってはかなりググッと来るのでは。

でもって、これもまた映画化されてるんですね。原作の方は評判良いみたいですが、映画の評判は。。結構ボロクソに言われてるのを見ましたが、どうなんでしょうねぇ。

 こちらもブッククロッシングで。もしお手元にドンブラコと流れ着いたら、一言どこで。とメッセージを残していただけると楽しいデス
DVD東野圭吾作品はこれで二作目。

この『容疑者Xの献身』も、人からいただき手に取りましたです。

二作品とも、途中でなんかこう息苦しくなってくるというか、ツラクなってきてしまって、今度こそはやらないでおこうと思った最後読み、またやってしまいました。。やや反省。。

人の闇とか汚さとか、出来れば目を背けたい心理描写が上手いんだろな。だからなんていうか、ただの読者で第三者の傍観者な私なんかが読んでて居た堪れなくなって、思わず結末をチラリ。。で安心して読み続けられるわけでして。。

ココロ、弱いんですよ、私

私なんかは、読んでてツライというか切ないなぁ。なんて読み進めるのがキューッと苦しくなってきたりするんですが、それでも読ませ続けさせるのは、作者の実力でございましょうか。

と、これ、ガリレオ先生シリーズってやつらしいです。

ココから、この本が今どこにあるか分かります。もしどこかでこの本を手にとることあれば、足跡を残してもらえるとウレシでっす。
DVD初、田口ランディ。

数年前に仲良くしていたフコーな恋愛から抜けきれない友が「最近、田口ランディばっか読んでるの。なんかスゴク、わかる」としみじみ頷いていたのが頭に残っていたので、なんとなーく手に取らなかったのでした。

当時の友の恋愛がそりゃぁフコーで傍から見ているとバカ、バカ、そしてバカ。な恋愛だったのですよ。私のように醒めた星人からすると、聞いてるだけでゲンナリだよ。イライラするよ。なエピソードオンパレードだったのですが、そういった恋愛もアリだってことは頭ではわかってはおります。多分、割り切れないんでございましょう。

この短編集がよくできているとは思いませんが、友のような恋愛で割り切れなさを抱え持つ人の心のひび割れにするりと潤滑クリームみたいに入り込んでくるよな要素があるんじゃないか。そんなことと友のことを思い出しながら読了。

自分が田口ランディにハマルとは思わないけど、支持される理由は分かる気がした短編集『縁切り神社』
でございました。

ココからどこにこの本があるのかが分かります。
DVDもう一冊手元に残ってた宮之原警部シリーズの旅情ミステリー。

面白かったですわ、ほんと。

この間読んだのと同様に、読む観光案内な要素+住専問題に殺人事件、そしてパリ郊外で起こった大掛かりな誘拐事件などなど。300ページほどの容量にテンコモリな内容でしたです。

住専なんて、どうなってんダ。と私なんかにはよく分からんかった問題ですが、そういったことも堅苦しくなく登場人物たちを使って説明、語られてます。ちょっと長いですが、おもしろかったんで、以下に引用。

世の中の出来事というのは、原因があり、結果があります。結果だけあげつらって借り手がわるいと騒ぐのはどんなものですかね。わたしにいわせれば、いまの日本のいちばんの問題は、誰も責任をとらなくなったことではないですか。誰も責任をとらない社会というのは、根本のところで間違っています

個人が自分の住宅を持つ。その政策自体、失敗だったのかも知れない。官庁はもちろん、ちょっとおおきな会社に勤めると転勤はつきものなのだ。人間はカタツムリではないから、家を背負って転勤するわけには行かない。なまじ持ち家があるため、単身赴任という非人間的な勤務があたりまえになった。

そしてまた、阪神大震災で持ち家が倒壊すると、消失した家とあたらしく建てた家、ふたつのローンに追われる結果となった。戦前、わずか五十年まえは、都会に住むものは借り家が常識だった。家族構成に合わせて、家が狭くなるとおおきな家を借りる。それが常識だった。国民的文豪だった夏目漱石でさえ、終生、借り家住まいを疑問に思わなかった。戦争で都市という都市が爆撃で壊滅し、住宅難にこりた国民は家を持つことにあこがれたから、政府の持ち家政策は支持されたが、いまになってみると、持ち家政策は失敗だったのではないか。。
』-本文より

自分が家を買う、買わないでドタバタした時期や、持ち家か借家かで考えることもありで、久々にツボにストライクな『みちのく滝桜殺人事件』でございました。オススメ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。