お時間あらば、しばし立ち止まっていただければこれ幸い。足跡なぞも残していただければ極上のヨロコビでッス。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD念願叶って、フィレンツェの解剖博物館へ行って参りました。

前半は標本や剥製やらが鎮座しておわします。

いやはや、地球外生物としか思えない見知らぬ物体Xもちらほらあって、生物の神秘に思わず「ほ--ぅ」。

後半はかの有名な人体模型がズラズラズラリ。

私の愛するバロック期につくられたというこれらの模型はゲイジュツの域に達しとりました。

可憐なる乙女が全裸どころか内臓までもさらけ出しちゃってる姿はエロく切なくなんともはや。

ほかにもカタツムリや猫、鶏の解剖模型などなどもございました。

ひとつ残念だったのは、要予約の骨部屋が見れなかったこと。なんでも1グループにつき(一回この部屋を開けるのに)30ユーロかかるそう(+チケットの半額3ユーロ)。

今度はいつフィレンツェか分かりませんが、よかったらどなたか一緒に割り勘で骨部屋見学いたしませんか?

※ここの人体模型の美しさと精巧さは有名でありまして、写真集も出とりますね。日本人写真家による『バロック・アナトミア』と、ここの博物館による『解剖百科』でございます。絵なんか描く方なぞにも必携と思われる役立つ美術書と思われまするよ。
DVD南スイスの町を友だちとプラプラしとりましたら、アジアン雑貨と本のお店を発見。

かわいいけど、高い」を友と連発しながら居心地よい店内を物色していたら、ブッククロッシング籠を発見。

籠の中には、エコの『薔薇の名前』とガルシアの『百年の孤独』イタリア語版の計2冊。

思わず持っていた日本語書籍をそっと籠の中に置いてきました。

誰か手に取ってくれるとよいな。

場所は゛絶景かな!゛と叫びたくなる、湖が一望できる教会のすぐそば。

教会を背に階段を降りると、右に喫茶店、左にこのお店がございますよ。

ひとりでチマチマやってるブッククロッシングマップに場所を記しときましたんで、よかったらドーゾ。
DVD今年ももうすぐ暮れる。祖母と両親がこの一年健康でいてくれたことに感謝しつつ、ぼくはまた、故郷を遠ざけたまま一年を過ごす。来年も再来年も、きっとそれを繰り返す。いつかはわからない、けれど確実に訪れるはずの、故郷と直面せざるをえない瞬間を、ぼくはあと何年先送りできるだろうか・・・・・『明日があるさ』 重松清

家族をテーマにした作品を書く作家さんだとは知っていましたが、一冊も読んだことはありません。

海外にいると、好みにかかわらず、流れてきてくれた日本語の本を読むことになります。それは大抵は新しいことを教えてくれたり、新たなる分野の開拓(?)につながったりするので、ちょっとした楽しみにもなっています。この本も、そんな゛ちょっと゛読んでよかったナ。と思えた一冊。

ちょっと不器用でムサイおじさま(?)が真摯に描く短いエッセイには、人とのつながりや家族への想いが詰まってます。

作者がこれらのエッセイをしたためたのは30代後半のとき。今自分がこの年代にいるためか、家族や友だちと離れたところにいるためか、ちょっとココロに沁みました。

何篇か読んでは、ほぅと一息ついて、細い目を余計に細めさせてくれた一冊でした。

海外で読むとまた格別なのかもしれません。

そんな同じようにほぅと一息ついて欲しいなぁ。とこれもブッククロッシングで旅立たせるので、どこかでお手元に流れてきたら、ちょっと故郷や家族を思い出して目を細めてくださいましね。
DVDオトナになってからふっとしたときに読む、ココロの隙間短編集

そんな感じを受けた江國香織『すいかの匂い』

どれも短く漢字も少なく、一見ふうわり誰にも読み易い。でも、どこかザンコク、少しドロっ。

作者の本が人気があるのは、この辺のとこが絶妙であるかじゃないかと思うのれす。本を読まない人にも読み易く、本読みにも受け入れられる要素がある。この辺の感覚も絶妙であるのではないかと。

すんごく真剣に読むほどのモンじゃないと私は思ったんですが、ココロの隙間にスルリと入り込んで、自分自身の子どもの頃の思い出も引っ張り出してくれたりと、なんというか、読み手の感覚に入り込むのが上手いな。と感じたのでした。

暑い夏に、ゴロゴロしながら何をするでもなく。。な時にでも読むのに良いんじゃないでしょか。
あぁ、すいかでも食べながらね。

先週、トリノへ立ち寄った際に、Hさんと本を交換したうちの一冊です。せっかくなんで、こりゃまたブッククロッシングにて旅立たせようと思いマス。
DVD
人品というのは、洋の東西を問わず、一目瞭然である-86ペ-ジより

数学者・藤原正彦氏の『遥かなるケンブリッジ』では、文部省の長期在外研究員として家族とともに過ごしたケンブリッジでの一年間が綴られとります。

数学者の書くエッセイなんて、ど--せガッチガチなんだろ。なんて言う勿れ。

新田次郎と藤原ていを両親に持つ氏の文章はシンプルで読み易く、そして読み手に爽やかな余韻を残すものとなっとるのデス。

エリ-ト数学者が出会う一流の人々との交流。それは、きらびやかな宝石や豪華な食事、そんなオカネで得られるものではなく、擦り切れた背広を着ていようとも、隙間風ビュ-ビュ-な家に住んでいようとも、頭脳と人品を備え、エリ-トの矜持を持ち、伝統にかしずく人々との交流を綴った本書は、サラリと読めるのに重厚。生き方に影響を受ける人もいるのではないかと思われる好エッセイでございます。

特に゛国際人゛を目指して狂奔されてる方にオススメ。
得るとこ多い、と思いますよん。
DVD人はどのような場合にエゴにとり憑かれた自分のみにくさに気づくのか-解説より

遠藤周作センセの『わたしが・棄てた・女』のテ-マは深いッス。

なんともやるせないぐらいに献身的で゛バカ゛と叫びたくなるほどに『愛』に満ちている主人公。そしてそれ故に堕ちてゆくセツナサ。

無心の愛なんてもんを実践するのは、今の世の中では最も難しいもののひとつなんじゃないかと思うんですが、人が生きるのに最も必要なことであるんじゃないかと思うのですよ。この主人公の女性とは対照的に、世の中を上手く泳ぐ主人公の愛し続けた男性が、主人公の最期を知るくだりでは、彼女の崇高さと男性のみにくさとがくっきりとコントラストをなして、読み手にグググッと迫ってきます。

やれブランドだ、出世だ、カネモチだ、そういったもんに血道上げるのもひとつだと思いますが、人間の本当の価値ってのは、そんなウスッペラなとこにあるんじゃない。そんなことを再認識させてくれる、人によっては気づかせてくれる一冊でございマス。

主人公のモデルとなった井深八重さんは、ソニ-の創始者井深大さんの遠戚にあたるそう。

それと、邦画もつくられてますが、フランス映画で本書が翻案でないか。と言われてる映画がございマス。なんかヨサゲ。これは見たいかも。

ということで、これもブッククロッシングで旅立たせマス。どこぞで見かけたら、読んでみてくださいまし。
久々にスゴイ才能を発見!

まずはご覧アレ



頭から離れません、このメロディ
しかも画像と音楽、歌詞が絶妙すぎ。久々のカンド--

で、爆笑

せっかくなので、選挙も近いしでメタルのリズムに乗って早分かり民主党をドゾ



これつくった『メタル戦士』ってテンサイかも~

おもしろスギ
的を得てスギ

で、ググッたんですが、何者かよくわからないんですよね。

ほかにもありますんで、興味ある方はドゾ。
笑えてためになること間違いナス。


最近のイチオシでございました。
DVD二度とダマされないために 社会の本当のカラクリを教えたる!

の帯に目が眩み、先日の古本市で手に取った、キツネ目の男、宮崎学氏と『ナニワ金融道』の青木雄二氏のふたりが書いた、傑作人間学講座『土壇場の人間学』

銀行相手に裁判を起こして抵当権を値切る゛とか、゛サラ金からカネを引き出す巧妙な手口を教えたる゛とかとか、「教えてカラクリ~~」と普通人生歩み中の私には目からウロコが剥がれまくりの内容が満載。

さすが、濃ゆい人生を送ってきたふたりの本だけございマス。

どちらかというと、宮崎氏の書いてることの方が腑に落ちるとこが多いけど、青木氏のマルクス主義なんかもツッコミ入るも、嫌な感じがないので、許すっ&やっぱ面白いと思います、この人(すでに鬼籍にお入りになっているというのはちと残念)。

で、これ、読者として想定されてないと思われるオトメな読者にも読んで欲しい一冊なのでございます。

上がり調子のときには、その男の真の値打ちというのはわからないものである。逆に、はたから見てあきらかに落ち目だと思うときにこそ、その男の本質が見えてくるものである。
私は、たくまし男というのは、自分がいちばん弱っているときにこそ、周囲のことが見えているやつだと思う
本書86ページより

確かに。

たまに、「どーいう男の人がいいんでしょーか?」なんてことを聞かれるのですが(なぜ、聞く私にっ?ですが。。)、大抵はこの本に書いてあった上のことに近いこと言うたりします。それと一緒に、シビアな適齢期のオナゴさまたちと話すとオカネの話しになったりするのですが。。

私は、「オカネ持ちは好きだけど、元々オカネ持ちである人より、自分の力でオカネ持ちになれる才覚のある人の方が好き~♪」と答えとります。

元々オカネ持ちで才覚も持ち合わせた人だったらいいけど、そうじゃなかったらねぇ。。ということで、゛落ち目゛になったときに這い上がれる才覚も度量もある人の方が好きだなぁ。

ということで、オカネのことや男の値打ちについてなどなどが語られていることもあって、コバルト文庫とかハーレクインロマンスなどなどを愛読される方たちにもオススメなのでございますよ。

と、青木さんの婚活の模様もチラッと書いてあります。私だったら、オカネなくてもこういう人、いいですけどね。
昨年に頓挫していた、『ヨーロッパ書籍交換マップ』計画を突然思い出しました。

ちょびちょびとではありますが、書籍ケツボー症の日本人が点在することを知り、なんつーか旅行した際なんかにでも旅の楽しみついでに日本語書籍交換なんてことも良いかも。と思ったのでした。

でもって、取り合えずこんな感じでグーグルマップを使ってつくってみました(いや、放置してたんだけどね)

Visualizza ヨーロッパ書籍交換マップ in una mappa di dimensioni maggiori

もしこの地図に参加しても良いな。と思う方いたらコメント(鍵コメOK)くださいまし。

コメント必要事項
1)交換可能な場所
2)ハンドルネームなりお名前
3)連絡先(メルアドやミクシィのページ、ブログをお持ちなら、ブログURLなど)

当然ですが、自己責任つうことになるんで、載せてOKな連絡先を。

ほかには、貸し出しの不可やどういった本が交換可能なのか。というところでしょうか。グーグルマップのコメの文字数がどのぐらいか分からないんで、もしブログをお持ちの方は、ブログにそういった詳細情報を記した記事を書いてそのURLを貼っとくといいのかなぁ。とも思います。私は貸し借りは、直接2度会う機会が持てる人のみで、あとは差し上げてマス。そのリストとしては、ブッククロッシングを使ってます。こういったことに活用するのに、ブクログなんかも良いかもッス。

もし送付可な方は、住所を教えあったり、送料などに関してもあるかと思いますが、その辺も自己責任ってことになるので、いきなり初回のやりとりで。ってよりは、数度のやりとりを通して。ぐらいの方がいいかと思いますんで、そういうとこを付記される方はちと考えて。がいい感じでしょうか。

あと日本語書籍が入手できる本屋や場所情報のみならず、イカシタ本屋なぞの情報(何語でもOK)もあったら地図に載せて共有できたらいいなぁ。とも考えているので、そういった情報もううぇるかむ。

もちろんイタリア在住者のみならず、ヨーロッパにお住まいの日本語書籍欠乏症の方も大ううぇるかむでございマス。

こちらへいらっしゃる日本人旅行者の方も、この地図を見て、機内で読んだ本と現地にて交換して帰国の機内で読む。なんてのもありかもと思いますんで、ヨロシクっす。私はJALの機内誌好きなので、よかったらお声かけくださいまし。

ということで、ゆるゆると気長にジミーにやっとりますんで、よかったらコメントよろしくッス。

あっ、もち「こーしたらイイ」なんてのもありましたら一言いただけるとウレシでございマス。

※本の売買情報は今のとこ考えてないので、無料の貸し借り、交換のみということでお願いします。
これは見たい!!



第二次世界大戦下のアメリカ。アメリカに暮らす日系アメリカ人たちは、開戦とともに強制収容所に送られたそうでございます。そこでロサンゼルスのリトル東京に暮らしていた日系人写真家、東洋宮武が収容される際にこっそり持ち込んだカメラのレンズで収容所内での日本人たちの暮らしを撮影したそうな。

この歴史的価値の高い写真と、周囲の人たちを通して東洋の生涯を綴ったドキュメンタリー映画が『東洋宮武が覗いた時代』

サイトで見た東洋の写真は、深みがあり素人の私が見ても才能のあった人なんであろうな。ということが分かる価値あるもの。なんでもアンセルアダムスなんかとも交流があったそうですね(いいよね、アンセルアダムス)。

この映画では、東洋の写真だけでなく、アンセルアダムスらの写真も多く出てくるそうです。映像で味わう写真と少し昔の海外に暮らし、戦時下を生きた日本人たちを知ることもできる、一本で何粒もオイシソな映画。

日本にて順次公開中とのこと。あぁ、見に帰りたいなぁーー
つーか、イタリアにも来てくださいっ!!

監督はすずきじゅんいち。音楽は喜多郎。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。